日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「蜷川幸雄 子供」に関する記事

現在も舞台で活躍する大久保鷹さん

あの人は今こうしている

唐十郎「状況劇場」で異彩 怪優・大久保鷹の“破天荒”人生

■故・蜷川幸雄に招かれ舞台出演も… 「芝居の稽古中でしてね。唐十郎の『新・二都物語』なんだけど、ボクが状況劇場を退団した後に上演してるから、新作と向き合ってる感じ。すごく新鮮な気分です」 高田馬場にある喫茶店で会った鷹さん、こう言ってニヤリと笑った。 「蜷川幸雄さんが亡くなりましたよね。その昔(78年)、蜷川さんに招かれ、日生劇場に出たことがあるんです。いわゆる商…

29日から映画「秋の理由」公開

寺島しのぶ 女優業と息子語る「その時がきたら休む覚悟」

若松孝二監督や蜷川幸雄監督といった尊敬する先輩たちがいなくなってしまいました。若い人たちと関わりを持つことも大事ですが、今は経験豊富で生きざまがステキな年上の方々の話を聞いておきたい。『秋の理由』に出演させていただいたのも、福間監督と主演の佐野和宏さんと関わりたかったというのが何より大きかったんです」 父は人間国宝の7代目尾上菊五郎(74)。名門・音羽屋の長女として…

None

突然の脱退発表 KAT-TUN田口にちらつく“結婚引退”の可能性

「亀梨はスポーツキャスターと俳優、中丸は俳優に司会業、上田は趣味のボクシングをバラエティーで生かしつつ、蜷川幸雄氏の舞台に抜擢されるなど個性派俳優として活動。3人それぞれ“独り立ち”しています」(テレビ関係者) ジャニーズ事務所は今年9月の国分太一(41)の結婚の際にジャニー社長が「遠慮なく適齢期になったら結婚すべき。将来、子供も必要だしね。人として当然のこと」と…

左から永六輔、大橋巨泉、蜷川幸雄

あれもこれも言わせて

恩知らずなTVマンに代わり今年亡くなった有名人を追悼

「夢であいましょう」をバックに「この惑星の“昭和”と言われる時代には濃い~ヤツらが居たらしい」とナレーションが流れる中、「永六輔 昭和8年生まれ」「蜷川幸雄 昭和10年生まれ」「大橋巨泉 昭和9年生まれ」、今年亡くなった3人の在りし日の姿が映るのだ。 ラジオブースで語る永、稽古場で灰皿を投げる蜷川、「クイズダービー」で司会をする巨泉。そこに宇宙人ジョーンズが入り込む…

ありし日の宮沢りえと光子さん/(C)日刊ゲンダイ

母の死去当日も舞台に 絶賛された宮沢りえの“神がかり”演技

劇作家の清水邦夫氏の戯曲を、今回は盟友の蜷川幸雄氏が演出した。78年初演から過去2回ほど上演されていますが、長い間、“封印”されていた作品。演劇ファンの間では伝説の名作として知られていますが、彼女は役柄を見事に自分のものにしていた。現代演劇に欠かせない実力派女優であり、至宝といっても過言ではありません」 母の死後、「私は、役者として、母として、女として、惜しみなく生…

いまや大御所俳優

プレイバック芸能スキャンダル史

石橋蓮司と緑魔子 形式を嫌った2人の「未婚の母」騒動

一方、石橋は蜷川幸雄や蟹江敬三らと劇団を旗揚げ。財布の中はいつも空っぽで魔子の稼いでくるカネが頼りだった。 2人が一緒に暮らし始めるのは、清水邦夫と田原総一朗が共同監督したATG映画「あらかじめ失われた恋人たちよ」で共演した頃から。魔子は東映から独立してフリーになっていた。石橋は魔子の渋谷区のマンションに転がり込み、共同生活がスタートした。「子供は好きじゃない」と言…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事