日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「高木忠 幹部」に関する記事

山口組6代目の司忍組長(左)と神戸山口組の井上邦雄組長

神戸系幹部射殺の裏で 幻に終わった山口組“電撃和解交渉”

31日午前、岡山市南区のマンション駐車場で、神戸山口組傘下「池田組」の高木忠幹部(55)が射殺された事件。県警は山口組分裂に絡んだ抗争事件の可能性があるとみて、捜査を進めている。 「現場は高木幹部の自宅マンションで、犯人は拳銃で4発撃ち、胸と腹に2発命中。バイクで走り去ったとみられている。間違いなくプロのヒットマンの仕業です」(捜査事情通) 6代目VS神戸は伊勢志…

写真はイメージ

プロの犯行か 神戸系幹部射殺に“見届け役”配置の周到ぶり

5月31日に岡山市のマンション駐車場で神戸山口組系池田組若頭の高木忠幹部(55)が射殺された事件。犯人は事件直前に、現場付近をスクーターで動き回っていた不審な男という見方が強まっている。 男は年齢20~40代、身長約170センチで細身。白系の無地のシャツにズボン姿で、黒っぽいフルフェースのヘルメットをかぶっていたという。 「目撃情報や防犯カメラの映像から、男は直後に…

都内のおしゃれエリアが危ない

原宿、銀座…“首都緊迫”火蓋切られた山口組「報復血戦」

神戸山口組の中核団体「池田組」のナンバー2、高木忠若頭(55)が岡山市南区で拳銃で撃たれたのは5月31日午前9時50分。フルフェースのヘルメットをかぶった犯人は、高木若頭の急所を正確に射抜くと、小型バイクで逃走した。鮮やかな手口からしてプロのヒットマンによる犯行が疑われたが、5日、「自分が殺した」と、6代目山口組系「高山組」組員の山本英之容疑者(32)が岡山県警に…

神戸山口組の定例会に集まった報道陣と防弾チョッキの警察官ら

溝口敦の「斬り込み時評」

山口組6代目vs神戸 警察がヤクザのために報復するのか

向こうと喧嘩するつもりはありません」 神戸山口組で舎弟頭を務め、池田組(岡山市)を率いる池田孝志組長といえば、組内五指に入る大幹部だが、5月31日、その池田組のナンバー2、高木忠若頭が6代目山口組弘道会系の組員、山本英之容疑者に射殺された。 事件発生からそろそろ1カ月近く経とうというのに、池田組はもちろん神戸山口組も、弘道会に対して報復の矢を放っていない。 ただ腕を…

全てを語る織田絆誠若頭代行(右は6代目山口組の司忍組長)

溝口敦の「斬り込み時評」

神戸山口組大幹部が激白 6代目との和解「決裂」の全真相

岡山で神戸山口組池田組の高木忠若頭が6代目山口組弘道会系の組員に射殺されたのはその2週間後。神戸山口組は和解話に謀略のにおいを嗅いでいる。…

6代目山口組の総本部

溝口敦の「斬り込み時評」

替え玉でもなんでも弘道会が名乗り出た意味

5月31日、神戸山口組系池田組(岡山市)の高木忠若頭が自宅マンションの駐車場で射殺された。約1週間後、6代目山口組─弘道会─高山組─山本興業(愛知県半田市)の組員、山本英之容疑者が「わしが殺った」と捜査本部の置かれた岡山南署に出頭、岡山県警は山本を逮捕した。 この山本容疑者については根強く替え玉説が流れている。事実、山本を直接知る愛知県警の捜査員の中には「粗暴なだけ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事