日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「渡辺直美 ドラマ」に関する記事

渡辺直美は“局弁”に頼っていた時期も

役者・芸人「貧乏物語」

貯金が底つくも…渡辺直美が米国留学で身につけた“逞しさ”

国内外から40万人以上が集まって賑わったが、何度もレッドカーペットを歩いて話題だったのが渡辺直美(27)。3月までは主演ドラマ「五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!~」で睡眠2~3時間、休みは取れても2週間に1日という生活。さぞかし懐が温かいだろうと思ったら……。 ■渡辺直美が語るオリラジ中田への感謝 この前、貯金を見たら2万円で、毎晩インスタントラーメンで…

None

中高年は必見? 身につまされる深夜「離婚ドラマ」のリアル

弁護士を演じるのはココリコの田中直樹で、サポートするスタッフは矢田亜希子のほか、渡辺直美、美保純といった個性派が揃っていて、見ていて飽きない。 視聴率は4%台。深夜だけにこんなものだろうが、真剣に見ている中高年が多そうだ。…

結婚がマイナスになるどころか…(左は渡辺直美)

10社出演でCM界席巻 西島秀俊の武器は“旦那さま”の訴求力

昨28日に行われた発表会では、夫婦役で共演したタレントの渡辺直美(28)に「可愛らしい奥さん」とはにかみ、“妻”をデレデレにさせたのだった。 今回の起用は演出方法も含め、「既婚者」である西島の訴求力の高さを物語っている。その効果を実感しているのが、パナソニック。「主婦層のウケは抜群。彼がCM出演しているパナの冷蔵庫と洗濯機がバカ売れしている」(広告代理店関係者)とい…

1年間で50キロ減量したことも

あの人は今こうしている

元祖“ポチャタレ”かわいのどかさんは心理カウンセラー1級

ポッチャリアイドルが注目を浴び、柳原可奈子や森三中、渡辺直美らの太めタレントが活躍中だ。だが、元祖はこの人、かわいのどかさんだろう。87年には106キロあった体重を1年間で50キロに減量して話題になった。今どうしているのか。 「タレント活動は今年で37年目になるのよね。ホント、早いわ。トシ? 50を過ぎてからは忘れちゃった、ハハハ」 JR横浜駅に近いホテルの喫茶室で…

None

お色気ムンムン 20日最終話「殺しの女王蜂」が放つ“異彩”

ご愛嬌は渡辺直美。スタイル抜群のモデルガールズに交じって、ミニスカート、開脚のおデブが笑かしてくれる。 最終回をお見逃しなく――。…

None

大丈夫? 「いいとも!」打ち切りで大打撃を受ける吉本芸人たちの今後

千原ジュニア、渡辺直美(月曜)、ハライチ沢部(火曜)、タカアンドトシ、パンサー(水曜)、ピース(木曜)、デニス(増刊号)。「テレフォンショッキング」に呼ばれたり、いいとものレギュラーに抜擢されたりして全国区になった芸人も少なくない。 「一番悲しんでいるのはデニスかもしれない」と話すのは吉本関係者。デニスは増刊号のコーナー「突撃!楽屋レポート」の特派員を務めている。 …

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事