日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「渥美清 ドラマ」に関する記事

None

「泣いてたまるか」好評 BSで名作ドラマがブームのなぜ?

土曜日に放送中の渥美清主演の「泣いてたまるか」が好評で、3月21日からの10日間と、4月からの毎週月曜日に、評判が良かった作品をセレクトして再放送されることが決まった。 BS12はこのシリーズだけではない。少し前に終わった「女と味噌汁」や放送中の「ありがとう」も話題になっている。さらに、こうした反響を受け、他局でも名作ドラマの編成が続々と決まりつつあるという。 共通…

コメディエンヌぶりが抜群

若かりし日の黒柳徹子を好演 満島ひかりの光る芸達者ぶり

2話目の先週は渥美清(中村獅童)と共演したりと売れていくが、昭和33年の「紅白歌合戦」の司会では「曲目は、アレです……アレです……」とド忘れしたり。満島は役に“化けて”いて、なかなかのコメディエンヌぶり。素の自分に近い恋愛ものより技量が必要な役を達者にこなしている。 売れている女優はみんな、コメディーもできる幅広さを持っているのだから、バカのひとつ覚えの婚活ドラマ…

秋野太作さん

今あるのはあの人のおかげ

「付き人のようにそばに」 秋野太作が語る故・渥美清との17年

尊敬してやまないのが故・渥美清だ。初共演からの17年を振り返ってくれた。 渥美さんがお亡くなりになられたのが1996年の8月4日。早いもので、もう19年になるんですね。 初めて一緒にお仕事したのは私が俳優座に所属して間もない67年のことです。TBSの一話完結ドラマシリーズ「泣いてたまるか」の中の一話で、渥美さんが高校教師、私は詰め襟姿の学生役でした。 あの時はうれし…

脚本家の山田太一氏

二極化・格差社会の真相

いまこそ、「泣いていいとも」という情愛が必要な社会

数年前、知人に渥美清の昔のドラマ「泣いてたまるか」のDVDをいただいた。1966年からの2年半、TBS系で放映された番組だ。主演の渥美が毎回役柄を変える1話完結スタイルだった。 監督や脚本も同様で、後の大物が幾人も育った。思えばぜいたくな作品だった。 両親が大好きだったので、小学生の私もよく見た。中身はあまり理解できなかったものの、あの主題歌が忘れられない。 ♪空が…

ハイテンション演技は徹子そのもの

TV見るべきものは!!

満島ひかりが好演 「トットてれび」が伝える時代の熱気

森繁久弥(吉田鋼太郎)、渥美清(中村獅童)、沢村貞子(岸本加世子)らが“成りきり”で競い合う。22歳の黒柳さんが接した森繁は「近所のちょっとエッチなおじさん」という印象。接した女性全部に(黒柳さんにも)、「ね、一回どう?」とコナをかける様子が笑える。 黒柳さんの自分史は、そのままテレビの歴史と重なる。全7回で終わりじゃモッタイナイ。…

山田洋次監督(左)と前田吟

今あるのはあの人のおかげ

寅さん全作に出演…前田吟が山田洋次監督から得た“財産”

渥美清さん演じる寅次郎の妹さくらの夫、印刷工の諏訪博役として全48作に出演させていただき、それが大きな財産になっています。 第1作公開が1969年ですから、もう47年も前のことですね。 当時、私は25歳。俳優座養成所を修了し、役者になって5年目くらいでした。テレビや映画で主役もやっていました。でも、経済的にはまだまだ恵まれていません。主役を演じた翌週には通行人のエキ…

酔って新幹線のトイレで寝たことも

今だから語れる涙と笑いの酒人生

佐藤蛾次郎「松田優作は俺をちゃかす客に『殴ってくる』と」

渥美清の名シリーズ「男はつらいよ」では柴又・題経寺の寺男、源吉を好演し、12日が最終回の連続ドラマ「天皇の料理番」(TBS系)にも出演して話題だ。俳優業を離れると、東京・銀座でカラオケパブ「蛾次ママ」を経営。大の酒好きでもある。 ふと気が付いたのはトイレの中だった。それも新幹線。飲み過ぎてついつい寝込んじゃって。通路に出たらいつもと様子が違うんだよね。乗客がだーれも…

いろんなイベントでモテモテだった/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

「電波少年」ブレークの“なすび”は出身地の福島市に尽くす日々

『フーテンの寅』の渥美清さんの大ファンで、喜劇俳優が夢でしたから。で、ドラマや映画から声がかかった時は、正直、やったと思い、うれしかったですね。今は舞台に取りつかれてます。去年10月にも『カサブタかきむしれっ』って芝居に出させてもらいました。福島が舞台。だけど、コメディーなんです。いや、楽しかったですねえ」 世田谷区内の「帰って寝るだけ」の1Kアパートに一人暮らしだ…

ザッツエンターテインメント

浅草通になれる本特集

それでも寺山修司は街はずれの見世物小屋を舞台に「浅草放浪記」を発表、日常からはタブー視された大衆社会としての浅草を描き、ビートたけしは渥美清、萩本欽一らがテレビ界へと去った浅草演芸最後の残り火を「浅草キッド」で活写した。 もっとも著者らの主眼は、今日の浅草はかつて文芸作品に描かれた「大衆」の町ではなく、もはや単なる「消費者」の町になり果てたのでは、という問題提起でも…

休日は夫婦で昼から飲むことも

今だから語れる涙と笑いの酒人生

尾美としのり 二日酔いで山田洋次監督を“2時間”待たせた

映画「男はつらいよ」の撮影中で、渥美清さんや山田洋次監督を待たせて、柴又まで電車で向かいながら「ああ、これで役者の仕事もらえなくなるかな」と落ち込みました。逃げ出したいくらい。でも、みなさんに「大丈夫?」と優しく迎えてもらえましたが。 30代は、プロレスラーの忘年会に呼んでもらい、飲みすぎて2軒目でつぶれたことがありました。僕、プロレスラーになりたかったほどプロレス…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

ひっそりこの世を去った 昭和の大女優 沢村貞子

◇1996年8月 4日、渥美清が死去。68歳。8日、東京・西新宿の東京オペラシティがオープン。25日、元SMAPの森且行がオートレース訓練中に事故。28日、英チャールズ皇太子とダイアナ皇太子妃の離婚が成立。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事