日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「宮沢りえ 父親」に関する記事

映画「紙の月」が大ヒット/(C)日刊ゲンダイ

この人物のオモテとウラ

「紙の月」主演・宮沢りえが誓っていた本格女優への10年計画

40歳をテーマにした糸井重里との対談で宮沢りえが発した言葉の数々だ。 有言実行、公開中の7年ぶり主演映画「紙の月」(吉田大八監督)では大胆なセックスシーンを披露し、テレビでは日曜夜の「ヨルタモリ」(フジテレビ系)で初めてバラエティー番組にレギュラー出演。タモリやゲストを相手に軽妙なトークを披露している。 すったもんだの末の米国移住から日本に戻って以来、映画「たそがれ…

None

宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長のアイドル豪遊記

そのいくつかをかいつまむと、歌舞伎役者とお忍びでデート中の宮沢りえに声をかけて怒られたエピソードから始まり、東尾修、二谷友里恵とのテキーラ一気飲み対決も。バーで酔っぱらった女優の岩佐真悠子から耳に噛みつかれたとか、ほしのあきとは月に2~3回は食事をする仲で、ダンボール1箱分のティッシュをプレゼントしたこともあったという。 ちなみに、交際がウワサされたセクシー女優と…

ポスト・ベッキーの大本命だが…

マギーに醜聞の試練 妻子持ちギタリストと“禁断密会”報道

宮沢りえも過去にさまざまなバッシング報道がありましたが、それを乗り越えて今や大女優です」 マギーはベッキーを教訓に試練を乗り越えられるのか。…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

三田寛子 歌舞伎界のホープ橋之助と結婚

13日、宮沢りえのヌード写真集「Santa fe」発売。14日、カンボジアのシアヌーク元国王が13年間の亡命を終えて首都プノンペンに戻る。29日、営団地下鉄南北線開業。…

映画「そこのみにて光り輝く」でヒロイン/(C)日刊ゲンダイ

うらぶれホステス熱演 池脇千鶴「頂点には到達できない」

大きなスクリーンに出るのは幼稚園の頃からの夢で、封切りになるとお父さんらと映画館に並んで、邦洋問わず、よく見ていたんですよ」 宮沢りえらを輩出した三井のリハウスガールでのデビューが1997年、NHK朝の連続テレビ小説「ほんまもん」などに出演していた頃を聞くと、「遠い昔ですね。通過点、よく頑張っていたと思います」と言って、笑った。 19日、テアトル新宿ほか全国公開。…

None

沢尻エリカ「いい子キャラ」に違和感 トゲが抜けたら華も消えた

デビュー当時は本当にキレイで、宮沢りえを彷彿(ほうふつ)とさせたものです。それが今や、口元はオアシズの大久保みたいにほうれい線が目立ち、目の下のクマも気になる。開き直って地を出していくか、それともまた騒ぎを起こしてワイドショーにネタを提供するか……。普通に女優をやっていても、復活は難しい。トゲがなくなれば華も消えてしまいます」(桧山氏) ワガママでブーたれて何をしで…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事