日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「中井貴一 結婚」に関する記事

ドラマで共演した和久井との電撃婚が話題に

プレイバック芸能スキャンダル史

裁判を抱えていた萩原聖人と和久井映見の電撃結婚

「婚姻届一枚では味気ない」と中井貴一ら友人が2人に内緒で“結婚式”をプレゼントしたのだ。 一方、暴行事件の裁判は97年4月、1審で萩原敗訴の判決が出たが、翌98年7月の控訴審判決で逆転勝訴。判決後の会見で萩原は「妻と涙を流して抱き合いました。そばに人がいるって、こんなに大事なんだと感じました」とコメントした。 4年半に及ぶ夫の裁判を支えた和久井は祝賀会で萩原のそばに…

53歳になったばかりの高橋ひとみ

暴露トーク連発 女優・高橋ひとみが狙う“第2の鈴木砂羽”

発売中の「宝島」9月号のインタビューでも、酔うと記憶をなくし、男の頭の匂いをかいだり、電話魔になり、呼び出したくせに「何でいるの?」と絡むことから、中井貴一(53)は夜電話しても出てくれなくなったと語っている。一体どうしちゃったのか。マスコミ関係者が言う。 「高橋は2011年にホリプロの子会社に移籍したのですが、そのホリプロの女優で、飲み歩き番組に出たり、ぶっちゃ…

ユーモアを交え思いを語る山田太一/(C)日刊ゲンダイ

「もうじき死ぬから…」山田太一が語った震災ドラマへの思い

被災地に暮らしながらも家も家族も無事だった男(中井貴一)、妻と嫁と結婚を控えた孫を失った老人(橋爪功)。境遇の異なる当事者の心境に迫った意欲作で、記憶に新しい人も多いだろう。 ■NHK籾井会長はアップアップ 「若い人の作品が多く、1位になるつもりはなかったんです。でも、もうじき死んじゃうから何とか描かせてもらおうと思って…」 贈呈式に出席した脚本家の山田太一氏(80…

神妙な面持ち

私の秘蔵写真

芸能リポーター石川敏男さん 大誤報で“丸刈り反省ポーズ”

当時、『ザ・ワイド』の芸能リポーターをしていて、番組内で俳優の中井貴一さんとテニスの伊達公子さんが『秋までに必ず結婚する』と報告したのです。実は、情報源は懇意にしていたスポーツ紙のテニス担当記者。内々に『伊達さんの新居の引っ越しに中井さんが手伝いにきた』と聞かされ、結婚は間違いないとなった。その時、あんまり僕が自信満々だったため、司会の草野仁さんが『石川さん、間違っ…

作家・沢木耕太郎氏

舞台演出に新たな可能性を

伝説の人 作家・沢木耕太郎氏は胸襟を開かせる達人だった

7月19日から草月ホールではじまる、中井貴一さん、宮本信子さん出演の「檀」は、沢木耕太郎さんの原作です。沢木さんとは、2014年の春、ドキュメンタリー企画の了解を得るために初めて連絡をとりました。 沢木さんといえば、「テロルの決算」「一瞬の夏」、そして「深夜特急」などノンフィクション作家として次々ヒットを飛ばし、私たち世代にとってはスーパーヒーロー。 しかも、就職し…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事