日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

水の江滝子に関する記事

None

プレイバック芸能スキャンダル史

賑やかに行われた水の江滝子の「生前葬」

<1993年2月> 「一度でいいからターキーを抱きたかった」 水の江滝子の遺影の前でこう弔辞を述べたのは俳優の西村晃。その横で籐椅子に座った水の江本人が爆笑している。 2月19日、都内ホテルに500人が集まり、翌日78歳の誕生日を迎える水の江の生前葬が開かれていた。“故人”となった水の江は冒頭、「自分の遺影や花で飾られた祭壇を生きているうちに見られるのはとても幸せ」…

松山ケンイチ(左)と13年の紅白に初出場したmiwa

「紅白が生まれた日」に戦後復興ドラマで“最高のデキ”の評価

そして、水の江滝子と古川ロッパの司会で始まり、並木路子の役で「リンゴの唄」を熱唱したmiwaのうまさもあって、紅白の再現シーンもよかった。大成功した第1回紅白が終わると、放送局の周りにはラジオを聴いた貧しい民衆が取り囲み、「おもしろかったぞ!」と拍手喝采。復興とその後の成長期を勇気づけた国民的番組がスタートした経緯がよくわかった。 時代が違うとはいえ、今の「紅白」…

著者の板東英二氏

著者インタビュー

「板東英二の生前葬」板東英二氏

そんな時に、かつて水の江滝子さんが盛大な生前葬をやって話題になったと教えてくれる人がいて。それがヒントになりました。ただ、実際にやるということではなく、僕らしいやり方はないかなと。高校野球、プロ野球で選手をやり、タレントもやって交際範囲が思いもよらないほど広がった。そういう方々との楽しかった思い出を書くことで、実際の生前葬の代わりにできるんじゃないかと思いました」 …

None

流されゆく日々

連載10073回 師走の街に風が吹く

篠山紀信、阿佐田哲也、長嶺ヤス子、野坂昭如、吉行淳之介、畑正憲、深沢七郎、徳川夢声、木村伊兵衛、藤圭子、福地泡介、羽仁五郎、水の江滝子、伊坂芳太良、日影丈吉、高橋和巳、武満徹、平岡正明、生島治郎、松永伍一、川鍋孝文、松本清張、柴田錬三郎、富島健夫、石川達三、高畠通敏などなど。その一年だけで登場する人名を、いまの人たちはどれだけ知っているだろうか。現在も健在で、現役と…

「終活難民」星野哲著

たとえば女優・水の江滝子の場合、自分も知人友人たちも元気なうちに盛大な「生前葬」をみずから演出し、それ以後は公の場にはほとんど姿を現さずに16年後にひっそりと亡くなった。また自分に子どもがないとか、あっても疎遠だというような場合、将来の自分の死に備えて葬儀内容や埋葬場所、諸契約の解約・清算などの事務処理、さらには老後から終末期にかけての入院時の身元保証や成年後見、…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事