日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「大島優子 最近」に関する記事

None

女優・大島優子は前田敦子を反面教師に“肉体派”へ転向

私、大島優子はAKB48を卒業します」 昨年の大晦日、NHK紅白で「恋するフォーチュンクッキー」を歌った後の電撃発表に、会場は騒然とした。 まあ、そうはいっても、ここ最近のAKBに「卒業」はつきもの。「初代センター」の前田敦子(22)をはじめ、篠田麻里子(27)、板野友美(22)など主要メンバーが続々とグループから離れている。大島の卒業も時間の問題だった。 自身のラ…

None

AKB卒業もこじはる人気衰えないワケ

“勝ち組”と言っていいのは、女優転身に成功した前田敦子と大島優子ぐらいでしょう。卒業して初めて、自分はグループに支えられていたことに気付くメンバーも少なくありません」(AKB48に詳しいライター) AKB48の総監督だった高橋みなみ(26)でさえ卒業後、その姿を目にすることは少なくなった。過去に何度も選抜メンバーに選ばれている宮澤佐江(26)や島崎遥香(23)も、卒…

驚異的な細さ

佐藤かよの腰のくびれに「めちゃくちゃ細い」と称賛の嵐

こまめに更新しているインスタグラムも、モデルの菜々緒(27)や元AKBの大島優子(27)など、以前からの友人とのツーショットや自撮り写真のアップが目立つ。 ひさびさのセクシーショットに喜んだファンは多かったようだ。…

コアなファンや映画監督を魅了

地道な活動が実を結んだ 前田敦子“本領発揮”までの4年間

とりわけ、前田敦子は、大島優子や高橋みなみのように感情を表に出すタイプではなく、方向性や世界観が理解されにくい。それが、卒業から4年の歳月が経ち、地道な活動が実を結び始めた。一部のコアなファンや映画監督らを魅了する“あっちゃん自身のポテンシャル”への認知度が広まったように感じます。来月で25歳になる彼女は少女と大人の女性のはざま。芝居ひとつとっても多様な役ができる。…

ファン絶賛の1枚

奇跡の1枚? 元AKB光宗薫の写真が「かわいすぎる」と話題

AKBの卒業メンバーには前田敦子(23)、大島優子(26)、篠田麻理子(29)、板野友美(23)ら全盛期を担ったメンバーも少なくないが、女優として活躍する前田と大島以外は注目度が薄れつつある。その中で、存在感を出し始めているのが光宗だ。2014年10月に雑誌「Oggi」でモデル活動をスタートし、今年9月には映画「ピース オブ ケイク」で成田あかり(渋谷ナオミ) 役…

/(C)日刊ゲンダイ

下ネタも好評…宮沢りえが母から受け継いだプロデュース力

共演者は大島優子、小林聡美。りえとベッドを共にする年下の浮気相手を演じたのが子役出身の池松壮亮。最近は男優も「脱ぎっぷりの良さ」を評価される時代。池松は逸材だそうだ。 共演者で見れば地味だが、そこは中身と宮沢の演技で十分カバーできている。今や日本を代表する女優に成長した宮沢。成長過程を振り返ると見えてくるものがある。 「CMモデルなどで名前を売り、先に世間に認知させ…

None

五輪に続きサッカーW杯も ジャニーズに染まるスポーツ番組

意外だったのはフジテレビでAKB48の大島優子。ジャニーズだらけになるのはなんとか阻止だ。 ■やかましいだけの応援団長 「手越はサッカー小僧で2年前から日本代表の日テレの中継のメーンを張っていて、内田篤人と大の仲良しというのが理由ですが、知ったかぶりが鼻につきます。TBSは村上のほかに加藤浩次も起用しますが、サッカー番組を持っている加藤ひとりで十分。香取はやかましい…

None

低迷「安堂ロイド」 キムタク“集中砲火”に救われた人たち

木村の相手役の柴咲コウや、3番手の大島優子の関係者もホッとしているでしょう。木村以外の格下が主演だったら、<数字が取れない女優>というイメージが付いてもおかしくなかった」(制作スタッフ) もちろん一番悪いのはプロデューサーであり、陳腐な企画を通した局の幹部連中であることは、言うまでもない。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事