日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「江角マキコ ドラマ」に関する記事

花魁役がはまった?/(C)日刊ゲンダイ

濡れ場が好評の安達祐実 次はフジ官能枠で「ドラマ主演」か

局としても広末涼子や江角マキコらにも声をかけている状況で、安達の出番は来夏になるのではとみられています。ただ、安達はセミヌード写真集も発売するなど、露出では一歩先を行っている。実現の可能性は高いのではないか」(先の制作関係者) 安達にとっては待望の主演ドラマ。話題になるのは確かだろう。…

モデル出身だけに…/(C)日刊ゲンダイ

本田翼が女優脱出? 路線変更の一因に“ショムニ組の洗礼”

『SMAP×SMAP』で江角マキコに<人の話はまず聞かない、目上の方にタメ口、帽子やメガネ全部を忘れて帰る>とツッコまれ、ベッキーには<台本も読んでこない>とコテンパンにされました。愛のあるイジリという見方もできるが、本田自身はすっかりまいってしまった。3年ほど前からドラマの仕事をしていたとはいえ、モデル出身の子は自分がチヤホヤされて当たり前の環境で育っている。でも…

月9出演を報告した本田翼

タメ口、棒読み、話を聞かず…本田翼「月9主演」に心配の声

「ショムニ2013」で共演した江角マキコからも「人の話はまず聞かない、目上の方にタメ口」と“ダメ出し”されたほか、ベッキーには「台本を読んでこない」と暴露されていた。ドラマの主役は現場の雰囲気作りも大事な役目。それだけに、演技以外の部分でも「心配」の声が少なくないのだ。 本田の愛らしいルックスを支持するファンの間では「はなから演技力など求めていない」という声もある…

本人のブログから

ママ友が抗議文で反撃 江角マキコが食らった痛烈しっぺ返し

江角マキコ(47)のブログが波紋を広げている。 発端は「人は人、自分は自分」と題した先月30日付の投稿だ。 かいつまんで言うと、江角は4年以上前にいろいろなウワサ話を流された。その時は露骨に無視をされたり、お茶会やランチ会をそのウワサを広めるために開かれたり。「違います!」と言いたいのを我慢して耐えたけど、子どもと一緒にいる時に無視をされたり、嫌みを言われたり…など…

事務所の2トップ

菅野美穂が産休突入で…“稼ぎ頭”天海祐希にのしかかる重圧

「長年、事務所の看板だった江角マキコが昨年独立し、復活を期していた山口智子もドラマがコケて再浮上できなかった。実質的に2トップは菅野と天海だった。ところが、その菅野が妊娠で復帰時期も未定なだけに、1トップの天海への期待は増すばかりです」(芸能プロ関係者) 天海には相当なプレッシャーがのしかかるが、天海といえば、一昨年の舞台公演中に心筋梗塞で入院し、舞台を降板。以後…

大沢たかお

男たちの性豪列伝 PART2

最後の独身 大沢たかおにふさわしいのは“プロ彼女”なのか

「俳優になる前は『MEN’S NON-NO』モデルから、パリコレまで上り詰め、江角マキコと付き合っていました。俳優に転向してからドラマ『君といた夏』で注目を集め、『星の金貨』でブレーク。名前が世に広まったのは、99年に広瀬香美と結婚してからですね」(放送関係者) 広瀬香美といえば、「愛があれば大丈夫」や「ロマンスの神様」などメガヒットを飛ばすトップアーティスト。当…

“和牛王”社長と熱愛が発覚した柴咲コウ

大手プロ巡るナゾ 柴咲コウは熱愛と同時に“独立”したのか

それですぐにアプローチしたところ、電話口に出たのが、なんと江角マキコさんのマネジャー。『私が(柴咲の)窓口です』と言うのです」 江角といえば、大手プロから独立し、昨年、個人事務所を設立している。柴咲コウもそこに移籍したということなのか。こんな見方がある。 「スターダストからは、やはり看板女優として鳴らした中谷美紀が昨年独立し、話題になりました。マネジャーとの人間関係…

「ぐるナイ」出演が好評な二階堂ふみ

「ぐるナイ」好評の二階堂ふみにバラエティー番組が熱視線

「『ぐるナイ』でブレークした女優といえば江角マキコですが、二階堂は“ポスト江角”の声も上がっている。まだ日テレだけですが、今後はTBSやフジテレビもオファーを出すのは確実。すでに候補に挙がっている番組がいくつかあります」(放送関係者) これからはバラエティーで二階堂イジリを頻繁に見ることができそう。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事