日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

乱痴気伝説は数知れず 清原容疑者「オンナと異常性癖」

 根掘り葉掘り聞いたわけでもないのに、とくとくと語り始めた清原の話はこんな中身だった。

「チームの宿舎とは別に取ったホテルの部屋に、先輩OBとデリヘル嬢をひとり呼んだんだそうです。普通に3Pをしても面白くないというんで、たまたま買ってあったポテトチップスをその女性の口に詰め込むだけ詰め込んだ。そのうえで、先輩OBが後背位で責め、清原はそれを女性の股の間に入って下から眺めていたというのです。『○○さんが突くたびに、女の口からポテトチップスが飛び出す。で、このありさまですわ』と、そんなえげつない話を滔々と自慢げに話すのです。ろれつの回らない口調は酔っているんだろうと思っていましたが、酒ではなかったのかもしれませんね」(前出の球界関係者)

■西武時代から“夜の三冠王”

 別の話になるが、清原と異常プレーを楽しんだこの「先輩OB」も今、捜査当局が清原の「シャブ仲間」として重大な関心を寄せている元セ・リーグ球団の主砲だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事