日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

伊調馨“五輪V4”の偉業にケチつけた日本人金メダリスト

 リオ五輪で日本人として前人未到の4連覇を達成した、女子レスリング58キロ級の伊調馨(32)。しかし、この偉業を「なんだ、あんなもん」と、せせら笑った者がいるというのだ。

 それは過去の五輪で金メダルを獲得したことのある日本人選手AとB。いずれもレスリングではない。彼らは周囲の目もはばからず、こんな会話をしていたという。

A「同じ金メダルといってもねえ……」

B「俺らの方が価値は上でしょう」

A「競技人口が違うよ」

B「○○(Aの競技)と○○(Bの競技)は世界中でやってますからね」

A「そもそも、五輪で4連覇ってこと自体、おかしくない?」

B「競技人口が少ないから、強敵もなかなか出てこないだけですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事