日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

世界から約7分遅れ 日本男子マラソンに「2時間9分」の壁

 9分切りさえ厳しい時代になった。

 昨年12月の福岡国際マラソンで日本勢最高の3位だった川内優輝(29)が12日、愛媛マラソンで大会新記録の2時間9分54秒で初優勝した。

 2時間9分台といえば、川内の福岡も、2時間9分11秒。今月5日の別府大分毎日マラソンで優勝した中本健太郎(34)も2時間9分32秒だった。リオ五輪代表の3人も、選考会の記録は佐々木悟(福岡国際3位)がどうにか9分を切って2時間8分56秒。北島寿典(びわ湖毎日2位)は2時間9分16秒、石川末広(同4位)も2時間9分25秒。マラソン選手が目の色変えた五輪シーズンでさえ、この程度の記録しか出なかった。

 世界の男子マラソンは、2時間2分台に突入したというのに、国内大会の2時間7分台は、15年の東京で今井正人が出した2時間7分39秒(7位)が最後だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事