日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「ワクチンの罠」船瀬俊介著

 13~16歳の少女が対象となり、2010年から推計342万人に打たれた子宮頚がんワクチン。ところが今、全身の痛みやマヒなどの副作用報告が1926件も寄せられ、大きな問題となっている。

 一方、厚生労働省では“積極的推奨”は控えながらも、接種を続行する姿勢だ。本書ではこの問題を皮切りに、31年間ひとりも発症していないのに接種が強行されているポリオ、接種の有無で発症率に差のないことが明らかになったインフルエンザなど、さまざまなワクチンの問題を明らかにしている。

 背景にあるのは、国と製薬会社、そして医師の癒着。そもそも子宮頚がんの原因はウイルスではなく、ワクチン自体が無意味であったという驚きの研究データも明らかにしている。
(イースト・プレス 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事