日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

元人気バラドル鈴木蘭々さん 今は“独自化粧品”を開発中

 90年代半ば、バラエティーやCMではじけるような笑顔を見せていたショートカットのオンナの子がいた。鈴木蘭々さん(40)だ。ちょっと舌足らずのしゃべり方もかわいかった。しかし、最近、彼女の姿をあまり見ない。今どうしているのか。

 会ったのは東京メトロ・溜池山王駅から徒歩5分の所属事務所。

「今は基礎化粧品の開発に力を入れてます。でも、女優として舞台に立ったりもしてるんですよ。そんなワタシでも、“今どうしてるの?”って思われちゃうんですかね」

 鈴木さん、こう言って笑った。

 ビックリ仰天! 肌が白く透きとおり、とても40歳には見えない。自身が開発しているという化粧品のおかげか。

「もともと肌が弱く、すごい乾燥肌なんです。25歳の時、原因不明の吹き出物ができ、添加物が入ってるお化粧品が使えなくなってしまって。それでオーガニック化粧品をいろいろ試してはやめたりするうち、自分だったらもっとこうするのに、いつか自分のブランドのお化粧品が出せたらな、って思うようになりましてね。そんな折、エステショップを開業してる友達が解剖生理学を学び直すというんで、ワタシも一緒に学校に通い、本格的に勉強を始めたんです。それが08年あたりでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事