日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

土下座して薬物懇願…落ちぶれた清原容疑者の“金欠”生活

 2日に覚醒剤所持で警視庁に逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)は、14年3月に薬物疑惑を報じられてから仕事が激減。半年後に離婚を発表してからは東京・渋谷区の自宅億ションを手放し、愛車のフェラーリも売り払うなど金欠ぶりが伝えられていた。最近はクスリ欲しさに土下座するところまで落ちぶれていたという。

■購入資金はパトロンからの援助金

「離婚して独り身になった清原は、都内のウイークリーマンションを数カ月ごとに転々としていました。警察に追われているという不安の裏返しだったのかもしれません」(捜査事情通)

 もっとも、覚醒剤所持で逮捕された東京・港区のウイークリーマンションは月額50万~60万円台の“超高級物件”だ。

「薬物疑惑を報じられ、支援者もどんどん離れていきましたが、ひとりだけパトロンがいたようです。清原の息子の少年野球を通じて知り合った実業家だそうで、清原に小遣いを渡すなど、物心両面で面倒を見ていたといいます」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事