"転職の勝ち組"が「有料会員サイト」にこだわっているワケ

公開日:  更新日:

 ネットの進化で、これまでにはなかった転職支援サービスがじわじわ広がり、「転職」で検索すると数多くのサイトがヒットするが、有料会員制をとっているのは、管理職・専門職・グローバル人材に特化した「ビズリーチ」だけ。

 転職したいビジネスマンが、果たしてお金を払ってまで会員登録するメリットがあるのか? 開始6年で会員数54万人、国内外の優良企業は累計3800社以上、1300人名以上の一流ヘッドハンターを誇るビズリーチのサービスは、他の転職サイトとどう違うのか。

■無料転職サイトの“弊害”は?

 今でも転職サイトの利用は無料が当たり前だ。転職サイトにお金を払うのは、人材が欲しい企業で、転職が成立した際、成功報酬として、転職者の初年度年収の約3割を企業から受け取るのが一般的。だから、転職希望者からお金を取る必要がなく、どちらかといえば企業側を満足させるためのサービスなのだ。

 こうなると、転職サイトの担当者は“顧客”である企業の中から年収の高い案件を転職希望者に紹介してしまう。優秀な人材はおのずと大企業に偏りがち。中小企業に“相思相愛”の人材がいる可能性があっても、業界の旧態依然としたビジネスモデルがマッチングを邪魔してしまうのだ。

■企業・ヘッドハンター・転職希望者すべてが顧客

 ビズリーチの狙いは、有料会員制にすることで転職希望者はもちろんのこと、人材を欲しがる企業、ヘッドハンター(紹介会社)それぞれが“フラット”な関係を築き、マッチングの偏りをなくすこと。企業が登録会員に直接アプローチすることができるし、ヘッドハンターが転職希望者の意向をくみ、さまざまな提案を行うことも、転職者側からヘッドハンターに相談を持ちかけるも可能だ。

 転職希望者が無料で受けられるサービスは、6000件以上のハイクラスな求人情報の検索と、採用企業やヘッドハンターからのスカウトを受け取るところまで。プレミアムステージ(有料)にアップグレードすると、スカウトへの返信や求人への応募、ヘッドハンターとのコンタクトなど、より多くのサービスが受けられる。

 もちろん、採用企業やヘッドハンター、転職希望者には厳しい審査が行われる。だから、お金を払ってでも手に入れたい価値の高い情報が用意されているのだ。

Sponsored by 株式会社ビズリーチ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る