6月13日からボートレース平和島「第24回日刊ゲンダイ杯」開催(16日まで)

公開日: 更新日:

ボートレース平和島にとって「新年」の幕開け

 今節から新モーター、新ボート、新プロペラが使用される、まさに平和島にとって「新年」の幕開けともいえる。

 今大会には18歳から57歳から、A1級からB2級までと幅広い年代・クラスの選手43名が参戦するが、中でも注目は最年長57歳の三角哲男

 長年地元東京のトップレーサーとして支部を引っ張り続け、今年5月の芦屋では通算96回目の優勝を記録するなど、つねに全速で攻めるその走りにまだまだ衰えは見られない。優勝候補筆頭と考えても間違いないだろう。

 三角以外にも元気なベテランがいる。石川真二(福岡)だ。

 どんなレースでもインコースにこだわる「イン屋」としてファンの人気を集める石川は三角に次ぐ通算94回の優勝を誇る。平和島ではこれまでに4回の優勝を記録しているだけに、得意な水面での好走も期待できそうだ。

 この他、北川幸典(広島)、村岡賢人(岡山)、権藤俊光(大阪)、秋元哲(埼玉)、山口裕二(長崎)、橋本久和(群馬)らの面々も虎視眈々と優勝を狙っており、誰が優勝してもおかしくない。いずれにしても4日間にわたって熱い戦いが楽しめそうだ。

 開催期間中は、Amazonギフト券5000円分(1人)とクオカード(10人)が毎日当たるプレゼントキャンペーンを実施するので、こちらも注目だ。

■ボートレース平和島「第24回日刊ゲンダイ杯」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

もっと見る

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ