野上忠興
野上忠興政治ジャーナリスト

1940年東京生まれ。64年早大政経学部卒。共同通信社で72年より政治部、自民党福田派・安倍派(清和政策研究会)の番記者を長く務めた。自民党キャップ、政治部次長、整理部長、静岡支局長などを歴任後、2000年に退職。安倍晋三首相のウォッチャーでもあり、15年11月発売の著書「安倍晋三 沈黙の仮面 その血脈と生い立ちの秘密」(小学館)が話題。他に「気骨 安倍晋三のDNA」(講談社)など。

著者のコラム一覧

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  2. 2

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  3. 3

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  4. 4

    桜を見る会弁明 立ち話で説明を果たしたなんて誰が思うか

  5. 5

    首相夫人まで私物化 桜を見る会に“聖心同窓会”アッキー枠

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    来季FA取得の燕・山田哲 球団はメジャー以上に巨人を警戒

  8. 8

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

  9. 9

    政治を私物化した安倍首相殿「もうバイバイ」でどうですか

  10. 10

    目的は生産性向上 教育にも入り込んだ新自由主義の危うさ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る