本革&スマホアプリが変えた 加熱式たばこは新たな嗜みに

公開日: 更新日:

 年齢を重ね、社会的な地位が上がると、持ち物や愛用品にもちょっとしたラグジュアリー感を醸したいもの。『人は一般的に、内容より外見で判断する。内面を判断できる洞察力を持つ者はまれである』と言ったのはイタリアの思想家ニッコロ・マキャヴェッリ。そう、人格はモノに出るのだ。

 2018年6月にデビューした「jouz 20」は、2~3時間の充電で20本連続喫煙が可能な加熱式たばこデバイス(フィリップ・モリス「ヒートスティック」対応)として話題をさらったが、2019年4月9日、ラグジュアリーかつプレミアムな新モデルが加わった。「jouz 20 Pro」(¥12,980・税込み)だ。

3段階の温度設定が可能に

 特筆すべきポイントは2つある。1つめは、ボディーに最高品質の本革を使用していること。これまでの加熱式たばこデバイスにはなかった、葉巻を携帯するシガーケースにも似たラグジュアリーなルックスと手触りを実現。しかもハンドメードというのだから、40代のビジネスマンなら所有欲がくすぐられるのは確実だ。本革のカラーはネイビーブルーとワインレッドの2色だ。

 もう1つは、デジタルガジェットとしても進化を遂げたことだ。20本連続喫煙という特長はキープし、Bluetoothによるスマートフォン連携機能を追加、アプリから温度設定を「低音」「中温」「高温」の3段階で設定することが可能となった。またアプリでは、チャイルドロックやセルフクリーニング、jouz本体のファームウエアの更新などが可能だ。(※アプリはGoogle Playのみの提供)

 東京・銀座で開催されたデビューレセプションで実際に「jouz 20 Pro」を使ってみたが、まず約63グラムという卵1個ほどの軽いボディーながら、本革を使ったことによる高級感や重厚さが伝わってくる。得意先とのレセプションやパーティーなど、あらゆるシーンで馴染むだろう。

 本体のファンクションボタンを押してスマホアプリと連携し「低・中・高」から温度を選んだら、ヒートスティックを本体に挿入。3つのLEDランプがすべて点灯&短いバイブレーションで喫煙が可能になる。各温度でヒートスティックの風味や味わいをより自分好みに調整できるため、温度を高くしてコクのあるリッチな味わいに、低温でまろやかにといった“嗜み”のバリエーションがより広がった。1本あたりの喫煙時間は約6分だ。

【jouz 20 Pro 販売サイト】
 Amazon 
https://amzn.to/2GAimnU

jouz初のVAPEも今夏発売

 jouz 20 Proの発売に合わせ、同ブランド初となるノンニコチンのVAPE専用モデル「jouz S」の詳細も発表された。本体はjouz 20 Proよりさらにスリム、ステンレスを使ったシームレスボディーでダークグレー、シルバー、ゴールドの3色をラインアップ。フレーバーリキッドはヴァージニアタバコ、マスカットグレープ、ブルーベリー、メンソール、コーヒーの5種類から選べる。発売はこの夏を予定していて、販売価格は未定だ。

 jouzとは、たばこを吸う人も吸わない人も気持ちよく共存できる社会の実現を目指し、業界の垣根を越えて集まったエンジニアやデザイナーたちによって2018年に立ち上げられた、日本発のブランド。「自由は、進化する。」を新たなコンセプトに存在感を高めている。嗜むことにこだわりを持ち始めるミドル世代なら、ぜひ心に刻んでおいてほしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る