いま話題の「妊活ポータルサイト」は夫でも読み応え十分

公開日: 更新日:

 WHO(世界保健機関)の統計によれば、不妊原因は女性単独が41%で男性単独が24%、男女両方が24%……つまり、不妊原因のほぼ半数は男性が関係している。多くの産婦人科医や泌尿器科医があちこちで、妊活は夫婦2人が主役という意識を持ってと啓蒙はしているものの、男性の当事者意識はまだまだ低いのが現実。妻に任せきりというケースのほか、妊活情報をどこで知ればいいのか分からないことも一因のようだ。

 実は、これから妊活を始めようという夫婦にぴったりのサイトが最近話題だ。その名も「妊活応援なび」。妊活や不妊治療に役立情報がギッシリの、言わば“妊活ポータルサイト”なのだ。

 サイトでは不妊治療費助成や生殖医療についての最新ニュースから、妊活に役立つくらしのヒントまで、妊活・不妊治療に関する最新情報をまとめてチェックできる。最新情報はSNSで常にシェアしている。元アイドルグループのメンバーや女性アスリート、女性アーティストなど著名人のコラムやインタビューも充実。自身の妊活や出産について深く語っている。男性にも妊活のヒントが満載だ。

■夫も必読 充実の「特集ページ」

 実用面では妊活・不妊のお悩みに対応するクリニック、漢方薬局・薬店、治療院などを、自分の希望にあわせて探すことができる。たとえば<女性医師がいて、仕事しながら通える18時以降も受診できる病院>という希望があれば、それぞれの項目にチェックを入れて検索するだけ。都道府県も指定できるので、通いやすいエリアから探せる。また“子宝スポット”検索は、夫婦で旅行に出かける際に使えそう。

 特集ページも読み応え十分。妊活女性の間で話題の「シリンジ法」、残された卵子の数を調べるためのAMH検査(卵巣年齢検査)についても、各特集ページで医師が詳しくレクチャー。不妊治療に関する「夫のホンネ大調査」は、これから妊活を始めようと考える男性なら必読だ。

妊活応援なび」に会員登録(無料)すると、妊活に関するお得な情報がメルマガで届く。また会員になると掲示板への書き込みが可能で、同じ境遇の人と悩みが共有できるし、不妊ピア・カウンセラーに悩み相談ができたり、サイト主催のイベントやキャンペーンに参加することも可能だ。

 現在のユニークユーザー約7万5000。会員数も1万3000人を超えて男性会員も増加中とのこと。まずはサイトを訪問して、じっくり読んでみてほしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る