辻仁成は「寝耳に水」 中山美穂離婚報道の“舞台裏”

公開日:  更新日:

 27日付のスポーツ紙1面を大きく飾った「離婚」の2文字。02年、歌手で芥川賞作家の辻仁成(54)との電撃結婚を機に芸能活動を休止し、仏パリに移住。セレブな生活を送っていたはずの中山美穂(44)の身に一体、何が起きたのか。

 記事によると、夫婦は現在も長男(10)と3人でパリで暮らしているが、すでに離婚に向けた話し合いが始まっているという。子供の親権などクリアにしなければならない問題も多いが、2人の間の溝は埋めがたく、離婚は避けられない状況。それもこれも、09年当時、ハードロックに目覚めた辻が性別の垣根をとっぱらい、「かっこいい中性的なおじいさんになる」と宣言したのが理由だそうで、ロン毛にするなどみるみるうちに変貌する夫にミポリンはついていけず、心労がたたり、離婚を決意したというのだが……。

 これまで2人の夫婦仲は良好といわれていただけに多方面に衝撃が走ったが、舞台裏はこういうことらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る