もっと知ろうよ船橋ケイバ「マリーンカップ」

公開日: 更新日:

 新年度初ッパナの船橋開催は、5日(月)~9日(金)の5日間。水曜には交流重賞のマリーンC、木曜には京成盃グランドマイラーズ(SⅡ)が組まれている。 

 さて、メインであるマリーンCはそんなに古い歴史を持つレースではない。

 1996年までは準重賞として施行され、重賞に格上げされたのは97年のこと。昨年まで24回行われている(11年は東日本大震災の影響により中止となった)。

 そのうち、05年と09年は6月に開催。それ以外の22回は4月に組まれている。

 地方競馬は会計年度が4月を基点とし、3月までが1年。つまり、マリーンCは令和3年度における最初の地方交流重賞ということになる。

 それだけではない。

 JRAと地方競馬の交流が始まった、いわゆる「開放元年」は1995年。それを機に全国各地で交流競走が増加し、ダート競走の位置付けを明確にするため、格付けの必要性が出てきた。

 そこで96年11月にJRA、NAR(地方競馬全国協会)、全国公営競馬主催者協議会によって、「ダート競走格付け委員会」が発足。97年4月以降の競走から、ダートグレードが用いられることになったのだ。

 マリーンCの記念すべき「第1回」は97年。初のダートグレード競走が、このレースの歴史の始まりでもある。

 その第1回はJRA馬5頭、地方馬6頭による11頭立て。すでに前年、ホクトベガが川崎記念、ダイオライト記念、群馬記念、帝王賞、エンプレス杯、南部杯、浦和記念と地方で負けなしの快進撃を繰り広げ、“JRA勢強し”を思わせたが、1番人気は地元・船橋のマキバサイレント。この年は川崎記念、ダイオライト記念でともに⑤着と、牡馬の強豪相手に健闘していた。

 2番人気はJRAのアイオーユー。前年の帝王賞②着があるが、以降は4戦してすべて1秒以上も負けている7歳牝馬。

 3番人気はソロシンガー。前2走はともに③着と好調だが、初ダート。4番人気ファッションショーは芝の長距離路線からの転戦で、こちらも初ダート。ともにJRAの栗東・山内厩舎の管理馬だった。

 今思えばJRA勢はやや手薄な印象だが、勝ったのはファッションショーで、当時の鞍上はテン乗りとなる船橋所属の佐藤隆。

 その佐藤が交流重賞で最も大きなタイトルを手にしたのが03年の帝王賞で、騎乗したのはネームヴァリュー。JRAから移籍し、船橋・川島正行厩舎の管理馬だが、JRA時は山内厩舎だった。これも何かの偶然だろうか。

■外部リンク 船橋ケイバ 公式サイト

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る