ラ王油そば ぽっちゃり担当者(130kg)がレシピ直伝

公開日:  更新日:

「日清ラ王 つけ麺」を油そば風にアレンジするというちょっと変わった食べ方が、5月下旬からWeb上で話題をさらっているのはご存じか。美味しそうな画像で日本中の食欲を刺激し、またほんの数文字で作り方の説明ができてしまうというお手軽感もあり、数日にして爆発的人気となったアレだ。

 これに黙っていないのが、「ラ王」を発売する日清食品。レシピの大反響を受けてか、なんと自社サイトに公式“裏アレンジメニュー”「ラ王流油そば」の作り方を掲載しちゃったのだ。しかもラ王商品担当者(体重130キロ!)が自ら登場という熱の入れようである。

 ラ王担当者オススメのレシピだが、用意するのは麺4食、たまご4個、添付のつけだれ2袋と、かなり豪快なポ―ション。具材にはチャーシューとメンマ、青ネギが加わり、ごま油を2周半回しかける凝りようだ。これがよりおいしくなる黄金比だという。常識的に考えて家族みんなで食べる量だが、<何も考えず頬張りたいハイカロリー編>と銘打つだけに、体重130キロの担当者は一人で完食なんだろうね、きっと……。

 ともあれ、美味しそうな完成イメージはさすが食品メーカー、“一見必食”間違いなし。すでにWeb上で知って「ラ王 つけ麺」で油そばを経験済みの人も、“公式油そば”には絶対トライだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る