あの「ジャグラー」が20周年 今も愛されるパチスロ機の軌跡

公開日:  更新日:

 1996年以来、長年にわたりパチスロファンから愛されてきた名機「ジャグラー」が昨年12月、誕生から20周年を迎えた。

 そこで発売元の北電子が、ロングシリーズの31機種目にしてアニバーサリーモデルとなる、「アイムジャグラーEX Anniversary Edition」を発表。現行の人気機種「アイムジャグラーEX」の最新作ということもあり、現在も大きな話題を集めている。

 アニバーサリーモデルは、プレミアムホワイトとプレミアムピンクの2色。告知タイミングは<先告知>がボーナス成立時の4分の1、残り4分の3は<後告知>で、ボーナスの獲得枚数は、BBが平均約325枚、RBが平均約104枚だ。本機種もおなじみの「GOGO!ランプ」点灯でボーナス確定というシンプルなゲーム性はきちんと踏襲しながらも、<プレミアム演出>などが新たに追加されている。

「ジャグラー」のように、20年間も変わらず第一線で活躍しているパチスロ機シリーズは他にはない。ここまで長くヒットし続けた最大の要因は、とにかくシンプルで分かりやすいゲーム性。さまざまな世代のファンを惹きつけてきたのも、シンプルさゆえだ。アニバーサリーモデルの基本性能も20年前と変わらないので、過去に「ジャグラー」で遊んだユーザーも安心して遊べる。

 北電子はアニバーサリーモデルの発表にあたり、ジャグラー20周年記念ムービー「ジャグラーは変わらない。」を作成している。ファンならぜひチェックしてほしい。



 また、5月5日(ジャグラーの日)には「ベルサール秋葉原」を皮切りに全国5都市で、ジャグラー生誕20周年を記念したイベントを順次開催する。大きな盛り上がりをみせそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る