• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

あの「ジャグラー」が20周年 今も愛されるパチスロ機の軌跡

 1996年以来、長年にわたりパチスロファンから愛されてきた名機「ジャグラー」が昨年12月、誕生から20周年を迎えた。

 そこで発売元の北電子が、ロングシリーズの31機種目にしてアニバーサリーモデルとなる、「アイムジャグラーEX Anniversary Edition」を発表。現行の人気機種「アイムジャグラーEX」の最新作ということもあり、現在も大きな話題を集めている。

 アニバーサリーモデルは、プレミアムホワイトとプレミアムピンクの2色。告知タイミングは<先告知>がボーナス成立時の4分の1、残り4分の3は<後告知>で、ボーナスの獲得枚数は、BBが平均約325枚、RBが平均約104枚だ。本機種もおなじみの「GOGO!ランプ」点灯でボーナス確定というシンプルなゲーム性はきちんと踏襲しながらも、<プレミアム演出>などが新たに追加されている。

「ジャグラー」のように、20年間も変わらず第一線で活躍しているパチスロ機シリーズは他にはない。ここまで長くヒットし続けた最大の要因は、とにかくシンプルで分かりやすいゲーム性。さまざまな世代のファンを惹きつけてきたのも、シンプルさゆえだ。アニバーサリーモデルの基本性能も20年前と変わらないので、過去に「ジャグラー」で遊んだユーザーも安心して遊べる。

 北電子はアニバーサリーモデルの発表にあたり、ジャグラー20周年記念ムービー「ジャグラーは変わらない。」を作成している。ファンならぜひチェックしてほしい。



 また、5月5日(ジャグラーの日)には「ベルサール秋葉原」を皮切りに全国5都市で、ジャグラー生誕20周年を記念したイベントを順次開催する。大きな盛り上がりをみせそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る