大量にスタッフ辞め…長渕剛「10万人富士山ライブ」の後始末

公開日:  更新日:

 長渕剛(58)が自身のアーティスト生活の集大成と位置付け、8月22日から23日にかけて富士山麓で行ったオールナイトの10万人ライブ。本番では、長渕がヘリで登場した際、風圧でテントが倒れ女性看護師が2人軽傷を負ったアクシデントがあったぐらいで、大事故はなかったが、ライブ翌日からの“後始末”がかなり大変だったという。

「正確な動員数は数えていたわけではないが、7~8割は埋まっていたようです。台風の直撃もなかったし、天候にも恵まれたので成功は成功といえますが、長渕サイドは10万人の来場を見越して、それこそ全員が全種類のグッズを購入する勢いで商品を発注した。ところが、思ったほどグッズが売れず、今もネット通販を中心にグッズの在庫を売りさばいている。高額の購入者は送料を無料にするサービス付きだが、やはり、会場で感情が高ぶった状態じゃないと商品はなかなか売れるものではありません」(音楽関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る