肝臓はSOSが分かりにくい“沈黙の臓器” どうケアするべき?

公開日: 更新日:

 肝臓は人間にとって大事な臓器であり、手術で部分的に切除しても元の大きさに戻るほどの再生能力があるため、とても強くて丈夫だと言われる。だが一方では、別名“沈黙の臓器”と呼ばれることはご存じだろうか。

 肝臓の役割とは、食べものから摂った栄養を貯蔵し、必要な時にエネルギーの元として供給する「代謝」と、アルコールや老廃物などの有害物質を分解する「解毒」だが、長年のお酒の飲み過ぎや不摂生が原因で深くダメージを受けていても自覚症状がなかなか出ない、“SOS”が分かりにくい臓器だからだ。

 自覚症状が出ないまま肝臓の機能が低下すると、一体どうなるのか? 糖や脂肪の代謝がスムーズに行えなくなって高血糖脂質異常を招き、脂肪肝を引き起こし、さらなる肝機能低下を招く……という“負のスパイラル”に陥ってしまう。

 健康診断や人間ドックで、肝機能マーカーのγ(ガンマ)-GTPに51以上、ALTに31以上など“要注意”の数値が出たにもかかわらず、放っておいたがために肝機能が悪化というケースも。最近ダルいし食欲もイマイチ、風邪のような症状が出た時にはすでに……ということもありうる。そしてその先、あなたを待つのは……ネットで「肝機能低下 病気」などと検索してみてほしい。医師や病院によるエビデンスに基づいた記事を読むと、ちょっと背筋が寒くなるのではないだろうか。

 ただでさえ、働き盛りのビジネスマンは普段から肝臓に負担をかけがち。会食続きによる過度のアルコール摂取の他にも、油っこいものや甘いもの、肉の食べすぎ、さらには仕事のストレスや睡眠不足など悪い生活習慣も、肝臓にはボディーブローのようにジワジワとダメージになるのだ。

 人間ドックでアドバイスされる週1日の休肝日や、ドラッグストアやコンビニに並ぶ“二日酔い回復ドリンク”で肝臓を労わっても、それだけでは肝機能改善対策は十分とはいえない。生活習慣の改善による日々のケアこそが大事なのだ。

肝臓ケアは簡単に習慣化できる!

 毎日の肝臓のケアついてはウコンなどが知られているが、実はいま注目を集めている成分がある。健康に敏感な芸能人やアスリートが摂り始め一大ブームを呼んでいる、ブロッコリーの新芽ブロッコリースプラウトに多く含まれるスルフォラファン(※)だ。(※)スルフォラファンは食品中ではスルフォラファングルコシノレート(SGS)として存在し、体内で分解されることでスルフォラファンに変わります。

 スルフォラファンには、肝臓の抗酸化力を高めて肝細胞の破壊を防ぎ、その結果、ALTの値を下げることがわかっている。カゴメの調査では、人間ドックや健康診断でALT“要注意”と判定された中高年世代(45~64歳)が、スルフォラファンの摂取により、ALTが24週間で低下した。

 そんなスルフォラファンの1日の摂取目安量は30mg(※)。継続摂取がオススメだが、実はブロッコリースプラウトに換算すると約1.5パック分。最近はスーパーでも手に入りやすいとはいえ、毎日の食生活で摂り続けるのはハードルが高い。スルフォラファンはサラダやスムージー、サプリメントなどを普段の生活にうまく取り入れて摂るのがポイントだ。(※)スルフォラファングルコシノレートとして

 今や肝臓ケアは、自宅でもオフィスでも外出先でも手軽にできる時代。肝臓マーカーがちょっとでも不安なら、今日からでも日々の習慣にしてしまいたい。

【外部リンク】
スルフォラファンについてより詳しく知る

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    TVタックル主題歌で注目 東野純直さんはラーメン屋店主に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る