仁志敏久
仁志敏久野球解説者

1971年10月4日、茨城県古河市生まれ。常総学院から早大、日本生命を経て95年ドラフトで巨人に逆指名入団。強打好守の二塁手として新人王、4度のゴールデングラブ賞を獲得するなど活躍。06年オフに横浜に移籍し、09年限りで退団。米独立リーグでもプレーした。日本での通算成績は1587試合で1591安打(打率・268)、541打点、154本塁打。現在は侍ジャパンのコーチ、12歳以下の日本代表監督も務めている。

著者のコラム一覧

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  4. 4

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  5. 5

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  6. 6

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  9. 9

    正答例を事前閲覧 入試に乗じるベネッセのカンニング商法

  10. 10

    客が次々…深夜ワンオペ飲食店で起きた心温まるハプニング

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る