• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
西邑淸志
西邑淸志

 2018年の戌年は、新しいことが始まる年であり、再生、再スタート、よみがえりの年といえます。そして神社を参拝して「強運」に「感動的」に生きる年でもあります。そのためには「経済(仕事)運」と「家庭運」のどちらかが欠けてもいけません。  もちろん、その前提として、一人一人が努力することも大切です。昔から“困ったときの神頼み”といいますが、8~9割は本人次第。ただ、今まで順調だったのに、最後の最後で足をすくわれたり、どんでん返しにあったりするのです。「その最後の一厘こそが神仏や」と見抜いた大経済人は数多くいました。世の成功者は、神社に参って勝負に打ち勝つ力を身につけて強運になり、大成していったのです。  来年は、前年までの嫌なことを断ち切り、心機一転の素晴らしい戌年として、「感動的」に過ごしましょう。

著者のコラム一覧

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る