日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

もう悩まない! 増毛技術は品質、早さ、見た目とも劇的進化

 AGA(男性型脱毛症)対策への啓蒙活動を行う「AGA対策プロジェクト」が20~40代の社会人男性1200人(薄毛を意識している人600人、薄毛を認識していない人600人)に行った「ビジネスシーンにおける薄毛に対する意識調査」によれば、薄毛と認識している600人のうち31.8%が「行動が消極的になった」と答えた。また、薄毛を認識していない600人の32.5%が「自分が将来薄毛になったら行動が消極的になる」と答えた。

 男性は髪の毛があるほうがポジティブになれるし、仕事も上手くいく可能性も高い。効果が出るまでに数カ月から1年はかかる内服薬に莫大なお金を費やし、悶々と仕事をするくらいなら、さっさと薄毛を解消するほうが未来は明るいのだ。早くリーズナブルに薄毛を解消したい……つまり「即効性」と「コストパフォーマンス」を求めるなら、オススメは断然、進化著しい「増毛」だ。

 特に注目は、「品質、早さ、見た目」の三拍子が揃うと幅広い年代の男性から支持されるアデランスの「ピンポイント」シリーズ

 従来の「ピンポイントチャージ」に加え、2013年に「ピンポイントフィックス」、昨年「ピンポイントリターン」と「ピンポイントクロス」が加わりラインナップが充実したため、髪型や髪質に合わせて、より自由自在に増毛できるようになった。

 もうおなじみの「ピンポイントチャージ」は、人工毛髪を結着したライン状の素材を自毛に結び付けてボリュームアップさせるため、1本ずつ増やすより時間が短縮できるというメリットがある。「ピンポイントチャージ」と、自毛1本ずつに髪の毛を結びつける「ピンポイントフィックス」を併用すれば、分け目や生え際、つむじなど気になる部分も自然に増毛できる。

■「ピンポイント」シリーズは組み合わせ自由自在

 そこに昨年新たに加わった「ピンポイントリターン」は、特殊なマイクロチップに装着した100本あるいは200本の人工毛髪の束を自毛に結び付けて、一気に増毛する。ピンポイントチャージは比較的広い範囲を効率的に増やすことに向いているのに対し、ピンポイントリターンは狭い面積を集中的に増やすことに長けていると言える。また、自毛が伸びても、人工毛髪はチップごと地肌方向に引き下げることができる。

「ピンポイントクロス」は、人工毛髪を結び付けたネットで広い範囲を一気にボリュームアップされる方法だ。1.7~2.5センチの編み目から自髪を引き出して、自然になじませることができる。

 4つに増えた「ピンポイント」シリーズは、組み合わせも自由。例えば「ピンポイントフィックス」で生え際を増やし、「ピンポイントクロス」で全体をボリュームアップするなど、自分の髪型や髪の状態にあった増毛が実現できるのだ。

 もちろん品質も心配ない。使用する人工毛髪は、アデランスが独自に開発した、天然毛髪のような手触りと風合いをもつ「バイタルヘア」。洗髪や外気の湿度変化で、質感やコシが表情を変えるし、熱にも強くドライヤーを使ったアレンジも、自分の髪のように楽しめる。バイタルヘアの表面にはキューティクル状の凹凸があるから、光の反射から手触りまで、天然毛髪に極めて近い自然さ。カラーバリエーションも豊富だから、周囲にバレる心配もない。

 気になる価格だが、1ライン6000本を増毛して税抜7万円程度。「自毛植毛」なら1回の手術で100万円以上かかる場合もあるため、増毛がいかにコストパフォーマンスに優れているかが分かるだろう。

 さらにアデランスの強みは、無料で増毛が試せる「無料増毛体験」を行っていること。きちんとプライバシーが確保された個室で、まずは毛髪診断士によるヘアチェック(頭皮診断)。体験増毛の施術を含め、所要時間は約1時間。その後のしつこい営業は一切ないというから、自分がどのように変われるかだけでも体験する価値はありそうだ。

●商品概要 アデランスピンポイントチャージ

Sponsored by アデランス



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!