パチンコ依存「予防」で安心、楽しめる娯楽へ

公開日: 更新日:

取り組みと啓蒙活動への着手を大手ホール5社が共同声明

 パチンコ依存に対し、射幸心を煽らないよう機種を規制するメーカー側の動きは知るところだが、ホール側はどうだろうか。ファンの心理や売り上げのことを思えばプレーを抑制する行為は極力避けたいところか……。いや、むしろ健全な娯楽として社会に認知され文化を根づかせることの方がファンのためであり業界の未来のため。こうした考えのもと、業界をリードする大手ホールが動き出した。

 1月30日に大手ホールチェーンであるダイナムマルハンひまわりニラク夢屋の5社の代表とホールスタッフが集結し声明が出され、対策案を練るための合同セッションが行われた。日頃は鎬を削るライバル同士だが、業界の未来のためにここは一致協力。依存問題に詳しいNPO法人代表の西村直之氏による講演の後、55人のホールスタッフがグループディスカッションで対策について議論した。

 声明の内容は「ホール法人の責務として5社の店舗スタッフ全員が依存対策を実行し、さらに全国のホールが取り組めるよう先頭に立ち牽引する。そのスタートとしてこの日の模様を動画サイトで一般公開し誰もが学習・行動できるようにする」というもの。

 セッション後、発表されたケーススタディに沿った対策アイデアは実に豊富で、解決の可能性が見えるものだった。依存か否かは自分では判断できないことが多く、深くのめり込む前に気づかせて自己管理をサポートすることが重要になる。それができるのはやはりホール現場のスタッフだけだ。機種規制は行き過ぎればユーザー離れにも繋がり、諸刃の剣ともなりかねない。長く親しまれてきたパチンコが今後も楽しいものであり続けるためにも、5社の取り組みの成果に期待したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る