好きなお酒が最近…悩むアナタに理想のサプリがあった

公開日:

 最近、飲んだ翌日がツライことが多い。以前より飲める量も減ったし、飲んだ翌朝もなんだかスッキリしない、仕事にも集中できない。それどころか最近は、ちょっと残業しただけで疲れを感じるし、健康診断の数値も心配だ……いまや働き盛りの40代ビジネスマンの多くが、こうした加齢や不摂生のダメージをジワリと感じている。

 そんなミドル世代の間でジワジワと口コミが広がり、人気急上昇中の逸品がある。肝臓機能を活性化させる成分がギッシリのサプリメント「オルニパワーZnプラス」だ。

 肝臓は“沈黙の臓器”と呼ばれ、大きなダメージを受けていても自覚症状が出にくい。肝機能が低下すると、糖や脂肪の代謝がスムーズに行えなくなって高血糖や脂質異常を招き、脂肪肝を引き起こして、さらなる肝機能低下を招くから厄介だ。

 一般的に肝臓が分解できるアルコール量は、ビール中びん1本で約4時間必要といわれる。飲めば飲むほど肝臓も分解し続けるものの、飲んだ翌朝がツライ場合は、肝臓がアルコールを分解仕切れていないことになる。オルニパワーZnプラスは、そんな肝臓のダメージに働きかけてくれる。

■“肝心要”の厳選3大素材を配合

 オルニパワーZnプラスの人気のヒミツは、肝臓にとって“肝心要”の厳選3大素材が配合されているから。

 まずは“生きた肝臓薬”とも呼ばれるしじみに多く含まれるオルニチン。肝臓の解毒作用を高め、疲れや二日酔いの原因物質を分解してくれる成分で、オルニパワーZnプラスには一錠に800mgと、業界トップクラスの量を配合。お酒を飲んだ翌朝の“シャキッと感”をしっかりサポートしてくれる。

 次に亜鉛だ。別名“海のミルク”こと牡蛎に豊富に含まれる成分(100gあたりの含有量はスッポンの8倍!)で、免疫力を高め生殖能力も改善してくれるが、実は人間の体内ではつくり出すことができない。それがオルニパワーZnプラスなら、1日に必要な12mgをきちんと摂ることができる。

 もう一つは、最近注目の成分アスタキサンチンだ。疲労の原因となる活性酵素からのダメージを防いでくれる成分で、その抗酸化力たるやビタミンEの約1000倍。肝機能のサポート、二日酔いにも効果がある。

 飲みやすさはもちろん、肝機能の活性化や日々のバイタリティーに必要な成分をしっかり補給できるのだから、左党のビジネスマンにはこれこそ理想のサプリだろう。

 <健康診断で数値が気にならなくなったので、うれしい>(40代男性)
 <飲むと決まって翌朝はツラかったのですが、今はスッキリ!>(30代男性)
 <ずっと悩んでいた疲労感が対策できてので今でも続けて飲んでいます>(40代女性)

 オルニパワーZnプラスを毎日の生活に取り入れている人たちから、こうした声が続々と寄せられるのも納得だ。

 実は今だけWEB限定キャンペーンを実施中。毎月定期コースが通常4500円(税別)のところ、初回だけ特別でなんと4000円OFFの500円(税込み・送料無料)。しかも公式サイトから購入すると、安心の30日返金保証が付く。

 こんなサプリを待っていたアナタ、ぜひトライしてみてはどうだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る