99.4%の発毛実感率! 「薄毛」に悩むアナタを救う治療法とは

公開日: 更新日:

 薄毛や抜け毛に悩む男性は、今や全国1200万人もいるともいわれる。総務省の統計によると、20歳以上の男性人口は5036万人。この数字から算出すると、なんと5人に1人以上という計算だ。

 かつら、増毛、植毛……薄毛の悩みを解決しようと、男性たちは文字通り頭を悩ますが、希望の光となりつつあるのが「AGA治療」だ。なかでも「AGAスキンクリニック」は、発毛・育毛治療に取り組むAGA治療専門病院、グラビアアイドル篠崎愛を起用したCMも好評だ。

■2つの治療の相乗効果が生む驚異の発毛実感

 では、薄毛に悩む男性からの支持がうなぎ上りなのはなぜか。その秘密は同クリニックオリジナルの発毛薬「Rebirth」と、それを効果的に機能させる施術法「Dr’sメソ(AGAメソセラピー)」にあるという。クリニックのカウンセラーが解説してくれた。

「発毛薬<Rebirth>の主な成分は、抜け毛を抑える働きのあるフィナステリドと、血管を拡張させ血流を増加させるミノキシジルという2つ。どちらも発毛効果のある成分として、世界中で認められている薬品です。<Rebirth>は、内服薬で体の内側から発毛しやすい環境に体を整え、スプレー式のリキッドで直接毛根に発毛促進を働きかけます。こうすることで、発毛効果がより大きくなるのです」

「Rebirth」をより効果的に機能させるのが、「Dr’sメソ(AGAメソセラピー)」という施術方法だ。

「この施術では、毛細血管を拡張させ、毛乳頭により多くの栄養分が行き渡るよう促すオリジナルの発毛カクテルを頭皮に注入します。不足している発毛成長因子が補われ、髪の毛の発毛サイクルを正常に戻すためです」

 頭皮に注射するなんて痛そうで心配だが、クリニックでは注射する箇所にマイナス4度~0度の冷却器具をあてて皮膚を一時的に麻痺させるため、痛みが驚くほど緩和されるという。

■CM出演の俳優には3カ月で発毛効果が

 AGAスキンクリニックが行った患者全員への治療アンケートを基にした発毛実感率は、なんと99.4%だというからビックリだが、実際に発毛を実感できたという俳優の加藤聡志さん(33)に登場してもらった。

 実は加藤さんは、同クリニックのCM(ヘルメット編)に出演。その後、今年7月からクリニックに通い始め、5カ月が経過した。

「薄毛解消にいろいろ試しましたが効果は出ず、半ば諦めていました。それが<Rebirth>と<Dr’sメソ>のおかげで、僕は3カ月後には発毛を実感できたのです」(加藤さん)

 加藤さんの“ビフォーアフター”の写真を見比べても、頭頂部や額部分の発毛効果は一目瞭然だ。

「以前は人前に出ても、キャップや帽子を脱ぐことを躊躇していましたが、今では脱ぐタイミングが早まった気がします。それだけポジティブになれているのでしょう」(加藤さん)

 もちろん、加藤さん以外に数多くの患者が発毛を実感しているし、他の症例はAGAスキンクリニックの公式サイトにも載っている。

 さて気になる料金だが、カウンセリングは無料。ベーシックプランが初回4200円で2回目以降は月額7000円(ともに税別)からとリーズナブル。本格的な発毛治療となった場合、保険適用外となるゆえ、治療費はすべて自己負担となるものの、同クリニックでは負担の少ない料金設定が用意されている。

 クリニックは、提携院を含めれば全国に40院以上。引っ越しや転勤でいつものクリニックに通えなくなっても、最寄りの提携院で同じ治療が受けられるから安心だ。

 加藤さんは髪の毛が増えてポジティブになった。あなただって、その喜びを体感できるのだ。

Sponsored by AGAスキンクリニック

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る