日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

酷使する肝臓を解毒 毎日のケアに適した注目成分の実力

 食欲の秋の到来とはいうものの、“左党”のビジネスマンにとっては、肝臓を酷使する季節の始まりでもある。過度のアルコール摂取が肝臓に大きな負担となるのは常識ではあるが、それに加えて仕事のストレスや睡眠不足、油っこいものや甘いもの、お肉の食べすぎなど悪い生活習慣も、肝臓にはボディーブローのようにダメージになる。

 では、肝機能が低下すると、人間のカラダはどうなってしまうのか。答えは“負のスパイラル”だ。糖や脂肪の代謝がスムーズに行えなくなって高血糖や脂質異常を招き、脂肪肝を引き起こして、さらなる肝機能低下を招くという悪循環だ。

 しかも肝臓は別名“沈黙の臓器”ともいわれ、深くダメージを受けていても、自覚症状がなかなか出ないから厄介。健康診断や人間ドックでγ-GTPやALTなどの肝機能マーカーに“要注意”の数値が出たにもかかわらず、放っておいたがために気づいたら手遅れ……というケースも少なくない。日本人間ドック学会の調査では、肝機能異常を抱える人は年々増加し、その割合は30年前に比べて約3倍というゾッとするデータもあるほどだ。

 週1日の休肝日や、ドラッグストアやコンビニに並ぶ“二日酔い回復ドリンク”で肝臓を労わったとしても、それだけでは肝機能改善対策は十分とはいえない。なんていっても大事なのは、生活習慣の改善による日々のケアなのだ。

■自宅やオフィス、外出先でも肝臓ケア

 実はいま、毎日の肝臓ケアに適していると注目を集める成分がある。健康に敏感な芸能人やアスリートが摂り始め一大ブームを呼んでいるブロッコリーの新芽ブロッコリースプラウトに多く含まれるスルフォラファンだ。

 スルフォラファンという成分には、体内の解毒酵素を活性化し、肝臓の解毒力を高める働きなどがあることがわかっている。カゴメの研究で、肝機能異常の男性52人を、スルフォラファンを毎日摂る人と摂らない人のグループに分け、2カ月後に検査したところ、摂取したグループではγ-GTPやALTの平均値が改善したという結果も確認されている。それら加え、スルフォラファンには悪酔い防止や、花粉症抑制が動物実験で確認されており、予防効果も期待されている。

 そんなスルフォラファンの1日の摂取目安量は30mg(※)。継続摂取で効果はより高まるが、実はブロッコリースプラウトに換算すると約1.5パック分。毎日スーパーで調達して食べ続けるのは手間だしハードルも高い。でも安心を、最近ではスルフォラファンを簡単に摂取できる手段もちゃんとある。今や肝臓ケアは、自宅でもオフィスでも外出先でも、手軽にできる時代なのだ。(※)スルフォラファングルコシノレートとして

 ビジネスマンとお酒は切っても切れない関係。近づく忘年会シーズンをしっかり乗りきるためにも、今から日々の肝臓ケアを習慣にしてしまいたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!