飽食の現代でもなくならない疲労 その原因は体ではなく脳に? 自立神経と疲労のメカニズムとは

公開日: 更新日:

 40代後半ともなれば「疲れを言い訳にすることが多くなった」「帰宅後すぐに寝る、週末も働く気がしない」「仕事も夕方には集中力が切れる」など、疲れが毎日を快適に過ごすための大きな妨げになることはいうまでもないが、多くの人はそれが解決されずに悩んでいるのが現状だ。

 というのも、ほとんどの人が疲れの本当の原因や癒し方をきちんと理解していない。

 普通、人は誰でも疲れを感じるとなんとなく過去の経験を元に対応している。

 それは、仕事終わりに1杯呑んでストレスを発散したり、栄養不足でもないのに鰻や焼き肉を食べて英気を養おうとしたり、眠気覚ましのドリンク剤に頼ったりするだろう。

 しかし、そうした行為には疲れに対しての科学的な根拠はほとんどないことが多い。

 例えば、スタミナ料理は脂っこいものが多く、40歳を過ぎる頃には胃腸に負担がかかってしまい、疲れが取れないどころか余計疲れてしまうこともあるというから何とも厄介な問題だ。

 そこで、疲れを少しでも早く取り除き、翌日に持ち越さないないためにはどうしたらいいのか、疲労分野の専門家に話を伺った。

実は体はほとんど疲れない、疲れるのは脳、特に自律神経。

 疲労医学の第一人者で、新聞やテレビなどのメディアに登場することの多い東京疲労・睡眠クリニックの梶本院長はいう。

「私たちは運動すると『体が疲れた』と感じますが、研究では筋肉や内臓自体はほとんど疲れていないことが明らかになっています。実は、疲れているのは体ではなく脳、なかでも呼吸や体温の調整などを司る『自律神経』。運動すると自律神経が活発に働くことによって疲労が生じているのです。」

 さらに、疲れが起こるメカニズムは運動もデスクワークも同じだと梶本院長はいう。

「運動疲労であれ精神作業疲労であれ、自律神経の負荷が強くなり、自律神経細胞で活性酸素が大量発生することで自律神経細胞が錆びてしまい、本来の働きができなくなった状態、とまとめることができます。」(梶本院長)

 疲れを長く溜めた状態でいると表面化したときには危険な状態になってしまったり、老化を早めたりもするというから日頃から意識して疲労対策を行うことが非常に大事なのだ。

渡り鳥から判明? 疲労対策に最適な注目の成分とは?

 疲労対策のヒントは意外なところにあった。それは「渡り鳥」だ。

 定期的に長距離を移動する渡り鳥は場合によっては1万km以上も休まずに飛び続けるという。渡り鳥がどうして疲れることなく長距離移動ができるのか、その抗疲労メカニズムを研究すると分かったことがある。

 渡り鳥の羽の付け根に存在するある成分こそが、最も適した抗酸化成分であり、これが細胞へのダメージを防ぎ、疲労対策に効果を発揮して渡り鳥の長距離移動を可能にしていたのだ。

 その注目の成分とは「イミダゾールジペプチド」(以下、イミダペプチド成分)といい、高速で泳ぎ続けるカツオやマグロの尾びれ部分にも多く含まれている成分として知られている。

⇒イミダペプチド成分を手軽に摂る方法

年齢と共に減少するイミダペプチド成分

「イミダペプチド成分は私たち人間の体内(特に骨格筋)にも含まれている成分で、元気な人ほど多いといわれていますが、年齢とともに減少する傾向にあります。そこで、積極的に摂取することが大切で、毎日200mgを2週間以上連続で摂るようにするといいでしょう」(梶本院長)

 イミダペプチド成分が含まれる食材の中でも、ずば抜けて多いのが100g中に1日に必要なイミダペプチド成分200mgが含まれる「鶏むね肉」。ということは毎日続けて100gの鳥むね肉を食べればいいことになるが、現実問題としてそれは結構大変だ。

 そこで、確実に、しかも手軽にイミダペプチド成分を摂取できる方法がある。それは日本予防医薬から販売されている疲労感軽減ドリンク、その名もズバリ「イミダペプチド」だ。

⇒産官学連携プロジェクトから生まれた疲労感軽減ドリンク「イミダペプチド」

たった4週間で214%も疲労感が軽減!

 このドリンクは、産官学連携の大型プロジェクトチームが23種類の食品成分の中で、疲労感軽減にイミダペプチド成分が最も高い有用性を示したという科学的根拠(エビデンス)に基づき、研究開発した機能性表示食品。発売開始から2022年8月の時点で愛用者71万人、販売累計本数6100万本(2022年8月時点)という驚くべき数字を記録しているドリンクだ。

 実際の商品を使ってのヒト臨床試験では、日常的な作業の中でほぼ毎日のように疲労感を自覚している20歳~65歳の男女207人に対し、「イミダペプチド」とプラセボ(偽薬)をそれぞれ8週間にわたって継続摂取してもらった。すると4週間時点で「イミダペプチド」はプラセボ(偽薬)と比較して214%も疲れが軽減したという。だからこそ購入者の最新では93.8%(※2018年1月1日~2022年8月末イミダペプチド利用者アンケート<N=500>日本予防医薬調べ)が「疲労感の軽減を実感」し、わざわざネットの定期購入を利用して愛飲している人が多いというのも、その信頼性から見て当然のことかもしれない。

1本100円以下で疲労対策を実現!

「イミダペプチド」は国産鶏100%を原料に人工甘味料・保存料は一切添加しておらず、1本あたりわずか23Kcalと低カロリーなので日頃カロリーなど気になっている人でも安心だ。しかも、ノンカフェインでたった30mlだから就寝前でも気軽に飲めるのがいい。

 ところで、気になる価格だが、通常なら10本2680円(+送料480円)のところ、今なら初回限定で980円、しかも、送料無料でこの価格だというから嬉しい。エナジードリンクや眠気覚ましのドリンクよりも安い1本100円以下で疲労感を軽減できるなら何もいうことなしだろう。

 人生100年時代を迎えて、50代60代は老け込むにはまだまだ早い年代になってきた。とはいうものの、体に疲れを残したままでは何事にも自分自身が満足できるパフォーマンスを発揮することは期待できない。それに、疲れを感じると体力の衰えを実感しやすくなり、老化を早めたりもする。

 そこで、元気の素といってもいい「イミダペプチド」を継続的に摂取して、生涯現役! 仕事に趣味に人生を大いに楽しみたいものだ。

⇒本気で疲労感対策したい40代以上の方へ「イミダペプチド」

【提供】日本予防医薬株式会社

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

もっと見る

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由