Amazonプライムで視聴OK!大人こそ心が震える名作邦画10選

公開日: 更新日:

 大人になると、ちょっとやそっとでは動じなくなるもの。でもだからこそ、時々は思いっきり心を揺さぶられたい……!

 夏の休暇は、そんな方にとって絶好の機会。どこかにパーッと出かけるのもいいですが、家でゆっくり映画鑑賞なんていうのも贅沢な体験ではないでしょうか。仕事に追われていると、若い頃のように、なかなか思う存分映画三昧とはいかないものですよね。

 そこで、この夏の休暇に見ておきたい名作映画をピックアップ。Amazonプライム・ビデオで配信されている作品の中から、“大人になったからこそ泣けてしまう、号泣必至の邦画作品”をご紹介します。

 ※配信情報は2019年8月5日現在のものです。

万引き家族

家族のあり方、社会のあり方を問われる、示唆に富んだ傑作

 第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルム・ドールを受賞したのをはじめ、世界中の映画賞で高い評価を受けた2018年を代表する作品。祖母の年金で足りない生活費を万引きでまかなう、とある家族の物語であり、様々な社会問題を提起しているものの、観る人の立場によっておそらく全く違う感想を抱くであろう複雑さが魅力の作品です。淡々とした空気感の中で描かれる繊細な人間描写に、心が研ぎ澄まされます。

【作品情報】
監督:是枝裕和
出演:リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優
配信URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B07Q4HN27L/

8年越しの花嫁 奇跡の実話

奇跡の実話を、主演陣の高い演技力で作品に昇華

 結婚式直前、新婦が原因不明の病で意識不明に……。実話をもとに、結婚の約束から8年後に起こった奇跡を描いた作品です。過剰な演出はせず、「ひたむきに人を愛する強さ」を真正面から映しています。主演陣の演技力の高さに引き込まれ、号泣したとの声が多数。目の腫れを気にせず思いっきり泣きたい時に、ぜひ。

【作品情報】
監督:瀬々敬久
主演:佐藤健、土屋太鳳
配信URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B07DC3VT7M/

君の膵臓をたべたい

大ヒット青春小説に“大人視点”のオリジナル要素を加えた実写版

 累計発行部数260万部(※)を超える大ヒット小説が原作。主人公が不治の病に冒される……という一見よくあるストーリーに思えますが、他の作品にない、ある種のファンタジーとも呼べるような青春の眩しさが本作の見どころです。若さゆえの美しさ、力強さを、主演の二人がフレッシュに演じており、その強烈な引力が切ない涙を誘います。
※2018年3月時点

【作品情報】
監督: 月川翔
主演: 浜辺美波、北村匠海、大友花恋
配信URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B077BNQPFX/

言の葉の庭

これぞ新海作品! と呼ぶべき、アニメならではの映像美を堪能

 待望の最新作『天気の子』で話題の新海誠監督2013年公開の代表作。男子高校生と年上女性との恋愛模様を、“雨”をキーワードに描いています。が、なんといっても見どころは美しい映像と音の芸術性。まるで実写のような、けれど実写では表せないアニメならではの表現を極めた一作であり、眺めているだけで感性が刺激されること、請け合いです。

【作品情報】
監督: 新海誠
配信URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B00PGXW522/

この世界の片隅に

絶賛レビューで映画賞を総なめ 戦時中の人々の日常を描いた珠玉のアニメ映画

 2016年の公開から徐々に口コミで広がり、公開規模を拡大。各映画賞を総なめにし、上映が2年以上続く異例のロングランで名実ともに日本アニメを代表する作品となりました。戦争という悲惨な状況の中でも、毎日の生活は終わらない。心が豊かであれば、日常は工夫次第で輝かせられるということを、観る人に押し付けることなく、そっと伝えてくれます。悲しみの涙の後に、強い一筋の希望を灯してくれる作品です。

【作品情報】
監督:片渕須直
出演:のん、細谷佳正、稲葉菜月
配信URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B06ZZB35B2/

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

別れは悲しくても、思い出は幸せ。何度でも見たくなる、やさしく、切ない物語

 難しいことは考えず、ただただ、泣きたい。そんな時には、この作品がおすすめ。前半は、とある大学生の一見普通で、幸せなラブストーリー。しかし中盤以降、小松菜奈演じる彼女・愛美が抱える大きな秘密が明かされ……。それ以降は、彼女が涙を流すたびにこちらも目が潤んでしまいます。悲しいようで、心地いいやさしさが後に残る作品で、リピーターも多い名作です。

【作品情報】
監督:三木孝浩
主演:福士蒼汰、小松菜奈、山田裕貴
配信URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B071RW1MYK/

湯を沸かすほどの熱い愛

神聖なる母の愛に熱くなる、インパクト大でセンセーショナルな傑作

 脚本・監督は本作が商業用長編デビューでありながら、2016年の公開後大きな反響を呼び、国内外問わず様々な映画賞を総なめにした話題作。余命宣告を受けたシングルマザーが、強烈なほどの“母の愛”を娘に示していく姿に、ある種の恐怖に近いほどの感動を覚えます。見終わった後は、自分の母親に会いたくなってしまうかも……。

【作品情報】
監督:中野量太
出演:宮沢りえ、杉咲 花、オダギリジョー
配信URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B06Y5WWJNL/

歩いても 歩いても

是枝監督×樹木希林の名タッグが堪能できる、日本の典型的な家族像

『万引き家族』で名実共に世界の名匠となった是枝裕和監督作品の中でも、古くからのファンが多い一作。昔ながらの日本の田舎らしい家族に「あー、わかるなー」とじんわり共感しながら、“生きることと死”について深く考えさせられもします。今は亡き名女優・樹木希林の繊細なのに重厚さを帯びた魅力が詰まった演技も見どころです。

【作品情報】
監督:是枝裕和
出演:阿部寛、夏川結衣、YOU
配信URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B01EVWXPFO/

八日目の蝉

重く、非日常なストーリーで訴えかける、日常の愛おしさ

「今日まで母親だと思っていた人は、自分を誘拐した犯人だった」という、衝撃的なストーリーで描く愛と再生の物語。“産みの親派”と“育ての親派”、どちらで観るかで意見が異なる作品です。邦画ならではの重たく、どこか憂鬱な空気感が終始漂いますが、見終わると不思議と日常が愛おしくなります。子を持つ親であれば、号泣必至の作品。

【作品情報】
監督:成島出
主演:井上真央、永作博美、小池栄子
配信URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B00FW5MOOS/

世界から猫が消えたなら

ヒットメーカー・川村元気原作 働き盛りの世代にこそ見てほしい、生と死の物語

『告白』、『モテキ』、『君の名は。』 などをはじめ、数々のヒット作を世に送り出してきたプロデューサー・川村元気の小説を映画化。タイトルからはどこか柔らかい印象を受けますが、内容は若くして死に向き合うという、重みのあるもので、非常にメッセージ性のある作品です。自分の人生で、大切なものは何なのか……。日常の大切さにそっと気づかせてくれる秀作です。若者とは言えないけれど、まだまだシニアではない。そんな壮年期の方々こそ、突き刺さるものがあるはず。

【作品情報】
監督:永井聡
主演:佐藤健、宮﨑あおい、奥田瑛二
配信URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B01M5FLA4P/

Amazon プライム・ビデオで話題作をチェック

 いかがでしたでしょうか。紹介した10作品は、すべてAmazonプライムに登録すると視聴可能です。

■Amazonプライムとは

 月間プラン500円(税込)または年間プラン4,900円(税込)で、迅速で便利な配送特典や、数千本ものプライム・ビデオ会員特典対象作品見放題を含むデジタル特典が、追加料金なしで使える会員制プログラムです。他にも様々な特典があり、コスパ抜群です。

【特典】
・会員特典対象の映画、TV番組、アニメ見放題
・Amazonの買い物でお急ぎ便、お届け日時指定便使い放題
・Prime Musicで100万曲以上聴き放題
・Amazon Photosで写真を容量無制限に保存
・Prime Readingで対象のKindle本(雑誌、マンガ、Kindle Singlesを含む)を読み放題

 30日間の無料体験期間は、すべてのプライム会員特典が無料でご利用可能なので、まだ未登録の方はこの機会に、ぜひ!

Amazonプライム 会員登録

■大人の夏休みは、名作で心のデトックスを

 日々、緊張感のある中で身体や脳をフル回転させて働いている方々。時々はしっかり休みをとり、感情を震わせ、リフレッシュする時間も必要ですよね。

 この夏は今回紹介した名作に触れ、じっくり心のデトックスに時間を当ててみてはいかがでしょうか。

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

■提供=Amazon プライム・ビデオ
■外部リンク=
Amazonプライム 会員登録

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  8. 8

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  9. 9

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

  10. 10

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る