AGAオンクリに聞く「薄毛は治らない」と嘆く人が多い理由とは?

公開日: 更新日:

 周りの人の視線が頭に突き刺さっているようで怖い。この先、薄毛がさらに進行して恋人もできないのではないか、結婚できないまま人生が終わるのではないか。そんな不安にさいなまれている薄毛男性も多い。

 しかし、それは杞憂だ。いまは医療が進み、薄毛の一種であるAGA(男性型脱毛症)は薬での治療が可能。

 とはいえ、薄毛の治療で病院の待合室に並ぶのは恥ずかしいという男性もいるだろう。あるいは本当に治るのか、心配な人もいる。そんな男性はオンラインによるAGA治療を試してはどうか。

悩む必要なし! AGAは医者の指導に正しく従えば治療できる病気だ

 AGA男性の悩みはさまざま。共通しているのは、「結局は治らないのではないか」という絶望にも似た不安だ。

 髪の毛に良いと言われるシャンプーや食べ物、運動はもちろん、内服薬や発毛剤も試してみた。しかし、効果を実感できなかった。何か良い方法はないかと必死の想いでネットを調べてみても「薄毛は治らない」との情報が散見される。そんな自身の体験が薄毛の悩みを深くしているようだ。

 しかし、AGAはれっきとした男性ホルモンに由来する病気。現在は医療の力で治療可能だ。実際、日本皮膚科学会により作成された「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」では科学的根拠のある治療法として、いくつかの内服薬や外用薬による治療を「行うよう強く勧める」としている。

 にもかかわらず、なぜ、AGAは治らないと考える人が多いのか? いま注目のオンライン専門AGAクリニック「AGAオンラインクリニック」(以下AGAオンクリ)に聞いた。

「しっかりとした診断を行い、医師のアドバイス通りの服薬をしっかり行えば、効果はあるはずです。効果の出ていない方は、医師のアドバイス通りの服薬を行っていない方。そもそも診断が間違っておりAGAではない方である可能性があります。ただ、薄毛に悩んでいる人の多くは、結果を早く求めすぎている傾向にあります。AGAはすぐに効果があるわけではありません。早い人でも4~6カ月経たないと効果が表れません。薄毛治療に効果がないと主張する人の多くは、3カ月くらいで『全然効果がない』と治療をあきらめてしまいます。それが失敗の要因だと考えられます」

鏡を見るだけではわからない。自身の薄毛を知る方法

 そもそもAGAは身体の中にある男性ホルモンが頭皮にある酵素と結びつくことで生じる毛髪の病気。髪の毛にとって悪玉化した男性ホルモンが毛髪の生え変わりのサイクルを短くしたり、産毛化を進めたりする。そこで男性ホルモンと酵素との結合を阻害する薬を使って治療するのがAGA治療だ。

 しかし、半年続けても変化がない、という薄毛男性もいる。その男性は、AGAでなく別の要因なのか?

「必ずしもそうとは言えません。治療効果は個人差があり、効果を判別するには1年くらい続けていただくことが必要です。また、薬の服用を医師の指導なしにやめると、高確率で数カ月の間で元に戻ってしまいます」

 しかし、なんといってもAGA治療に失敗する最大の原因は治療のタイミングが遅いことだ。

「手遅れということはないのですが、40歳以上で進行度も進んでしまっている方は治療効果が出にくいという統計結果が出ております。しかし治療開始が遅いから効果が出ないと言うことはありません」

 なぜ多くの人は受診のタイミングが遅れるのか。

「薄毛の症状を自覚したら、早めに治療開始すべきですが、後頭部などは、鏡で見ることもないので、自分では気づきづらく、他人も指摘しづらいので、気づくのが遅くなってしまうのです」

 AGA治療のタイミングを外さないためには自分の毛髪の状態を観察することだ。

「枕についている抜け毛を監察してみてください、量が多い? そして、産毛のような細い毛が多いようであればAGAの可能性があります。昔のお写真と見比べていただいてもいいかもしれません」

 AGAオンクリが提供する「AGA危険度診断」でチェックするといいだろう。

AGA危険度診断はこちら

受診は帽子、サングラス姿でもOK。薬は自宅配送

 実際にAGAオンクリで受診する際に恥ずかしさはないのか?

「AGAオンクリは完全オンラインですので、顔出し不要。自由診療なので保険証も必要ありません。患者様のプライバシー保護のため、帽子、サングラスをつけてのご相談が可能です。しかも全員男性スタッフのため、気軽に相談できるかと思います」

 なかにはオンラインだけの診療を不安に思う人もいるかもしれない。しかし、オンライン診療は国が積極的に勧めている受診方法でもある。

 実際、2020年4月以降、厚生労働省が正式に初診の遠隔診療を認めたことを受けて、初診からのオンライン診療を採り入れる診療機関が増加。AGAオンクリも24時間365日無休の完全オンライン診療を実施している。

 AGAオンクリを受診したい人はスマホやパソコンで同クリニックの予約ホームから希望の日時を入力。その日時にアクセスすれば受診できる。診察前に無料カウンセリングがあり、カウンセラーに髪についての悩みを相談しながら、AGAについての説明を受ける。カウンセリング内容を踏まえて医師が診察を行い、診断結果と治療方針を説明する。このとき、直近の健康診断書の提示が必要となる。その後診察内容に応じた薬を指定の住所に送り、治療開始となる。再診以降も来院は不要。健康状態を問診し、症状に合わせたお薬の処方・発送を行う。

薄毛はオンラインで治す時代「AGAオンクリ」はこちら

追加料金なしの6つの安心セットプラン

 薬代以外の診察料やカウンセリング料は初月0円。全てオンラインのため余計な維持コストがかかっていないからだという。また、治療が始まってから高額な料金を追加で請求されたりするのではないか、との不安を解消するため、症状に合わせた薬の6プラン(2カ月目以降毎月3000円~2万3000円 ※自由診療保険適用外)を用意。使用する薬はすべて国内承認済みの薬となる。

「AGAはれっきとした病気です。高血圧なら高血圧の治療薬を毎日飲みます。高脂血症なら高脂血症の治療薬を毎日飲みます。薄毛に関してもそのような薬剤がすでに処方可能なのです。まずはそのような治療があることを皆様に知っていただけたらと思います」

薄毛はオンラインで治す時代「AGAオンクリ」はこちら

【提供】
 新宿AGAクリニック(サービス名:AGAオンクリ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

もっと見る

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変