今年で発売40周年 「サワデー」は米国家庭のトイレがお手本

公開日: 更新日:

 今ではたいていの家庭にあるトイレ用芳香消臭剤が、日本で初めて発売されたのは40年前の1975年のこと。「小林製薬」の常務取締役だった小林一雅現会長(4代目社長)が発案、商品化させた。きっかけは、アメリカ留学だった。「遊びだろう」「社長の息子はうらやましい」など社内の反応は冷ややかだったが、生活費を切り詰め、勉学や現地の人々との交流、各地のスーパーマーケットなどの視察と、精力的に活動した。それらの日々で気づいたのは、パーティーなどで招かれた友人たちの家のトイレがきれいなこと。広報総務部広報グループの網盛美紀氏が言う。

「当時の日本のトイレは、暗くてくさくて汚い空間。一方、アメリカのトイレはお風呂と一緒の場所にあり、清潔で美しい。部屋と区別がつかない空間であることに、非常に感銘を受けたそうです。将来、日本のトイレもアメリカと同様、快適住空間の一つになるだろう。そのための生活衛生雑貨用品を作ろうと思い立ったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る