くじ付きアイス「ホームランバー」は長嶋茂雄の活躍が生んだ

公開日: 更新日:

 日本初のアイスクリームバーが発売されたのは、1955年のこと。1本5円のアイスキャンディーが主流だったこの時代、1個20円のカップのアイスクリームは高級品だった。そこに登場した1本10円のアイスクリームバーは、格安なアイスクリームとして爆発的な人気を呼んだ。

 しかし、同業他社の相次ぐ参入によって、アイスクリームバーは1、2年で飽和状態に。本家本元も売り上げ急減に危機感を募らせた。

 メイトー(協同乳業株式会社)の広報担当・高橋紗奈恵氏(写真)が、当時の様子をこう語る。

「そんなとき、営業課長だった森三郎さんが、立教大学で長嶋茂雄さんが大活躍していて野球人気が高まっていたこと、野球のホームランにはラッキーなイメージがあることに着目。アイスクリームバーのスティックに、当たりくじを示す“ホームラン”という焼き印を入れたら、きっと楽しい商品になると考えたんですね。そこで名称を『ホームランバー』に変更し、銀紙の包装紙には和田誠さん(イラストレーター)にホームラン坊やを描いていただき、1960年に新発売。キャンペーンポスターは、巨人に入団し、国民的ヒーローになっていた長嶋茂雄さんでした。発売当初からものすごい売れ行きだったそうです。本来なら商品は弊社の製造工場からお得意先へ配送するはずなのに、売り切れて納品が待ち切れないからと、東京・日本橋の工場の外にトラックの行列ができたという逸話があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  10. 10

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

もっと見る