• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

くじ付きアイス「ホームランバー」は長嶋茂雄の活躍が生んだ

 日本初のアイスクリームバーが発売されたのは、1955年のこと。1本5円のアイスキャンディーが主流だったこの時代、1個20円のカップのアイスクリームは高級品だった。そこに登場した1本10円のアイスクリームバーは、格安なアイスクリームとして爆発的な人気を呼んだ。

 しかし、同業他社の相次ぐ参入によって、アイスクリームバーは1、2年で飽和状態に。本家本元も売り上げ急減に危機感を募らせた。

 メイトー(協同乳業株式会社)の広報担当・高橋紗奈恵氏(写真)が、当時の様子をこう語る。

「そんなとき、営業課長だった森三郎さんが、立教大学で長嶋茂雄さんが大活躍していて野球人気が高まっていたこと、野球のホームランにはラッキーなイメージがあることに着目。アイスクリームバーのスティックに、当たりくじを示す“ホームラン”という焼き印を入れたら、きっと楽しい商品になると考えたんですね。そこで名称を『ホームランバー』に変更し、銀紙の包装紙には和田誠さん(イラストレーター)にホームラン坊やを描いていただき、1960年に新発売。キャンペーンポスターは、巨人に入団し、国民的ヒーローになっていた長嶋茂雄さんでした。発売当初からものすごい売れ行きだったそうです。本来なら商品は弊社の製造工場からお得意先へ配送するはずなのに、売り切れて納品が待ち切れないからと、東京・日本橋の工場の外にトラックの行列ができたという逸話があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る