入浴剤の先駆「バスクリン」は婦人薬の“残りカス”が始まり

公開日:  更新日:

 暑い夏はついシャワーで済ませがちだが、暑さで疲れたカラダこそ、湯船にゆったりつかって癒やしたい。そこで1930年の発売以来、ヒットを続ける入浴剤のパイオニア、芳香浴剤「バスクリン」に注目だ。

 バスクリン社によれば、現在日本国内で発売されている入浴剤は約2900種類あるが、その始まりとされるのが1897年に発売した「浴剤中将湯」。バスクリンの前身となる商品である。16種類の生薬を配合した婦人薬「中将湯」の製造過程で出る残りカスを風呂に入れたところ、カラダがよく温まったことから浴剤中将湯として商品化。銭湯に販売すると大評判となった。

 一方で、冬はいいが、夏場は温まりすぎて汗が止まらないという声。だったら夏用を作ろうということで誕生したのが「バスクリン」だ。温泉由来のミネラル成分を使い、さらに清涼感のある香りも加えたバスクリンは60年代、内風呂の普及とともに需要が拡大。「遠くの温泉より近くのバスクリン」という絶大な支持を得て、国民的ヒット商品へと成長した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る