入浴剤の先駆「バスクリン」は婦人薬の“残りカス”が始まり

公開日: 更新日:

 暑い夏はついシャワーで済ませがちだが、暑さで疲れたカラダこそ、湯船にゆったりつかって癒やしたい。そこで1930年の発売以来、ヒットを続ける入浴剤のパイオニア、芳香浴剤「バスクリン」に注目だ。

 バスクリン社によれば、現在日本国内で発売されている入浴剤は約2900種類あるが、その始まりとされるのが1897年に発売した「浴剤中将湯」。バスクリンの前身となる商品である。16種類の生薬を配合した婦人薬「中将湯」の製造過程で出る残りカスを風呂に入れたところ、カラダがよく温まったことから浴剤中将湯として商品化。銭湯に販売すると大評判となった。

 一方で、冬はいいが、夏場は温まりすぎて汗が止まらないという声。だったら夏用を作ろうということで誕生したのが「バスクリン」だ。温泉由来のミネラル成分を使い、さらに清涼感のある香りも加えたバスクリンは60年代、内風呂の普及とともに需要が拡大。「遠くの温泉より近くのバスクリン」という絶大な支持を得て、国民的ヒット商品へと成長した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    阪神“無期限二軍”藤浪トレード再燃…野手獲得の交換要員か

もっと見る