誕生40年 森永「ハイチュウ」の噛み心地生んだゼラチンの弾力

公開日:  更新日:

 キャンディーでもない、キャラメルでもない、「ソフトキャンディー」という画期的な菓子「ハイチュウ」が誕生したのは、今から40年前、日刊ゲンダイ創刊と同年の1975年のこと。100年以上の歴史を持つ看板商品「ミルクキャラメル」で培った技術を生かして何かつくれないか、と試行錯誤した末に生まれたのだという。

「問題になったのは、何で弾力を出すかでした。ミルクキャラメルはミルクを使って弾力をつくってきましたが、新商品はミルク味以外をつくりたかった。そこで注目したのはゼラチンです。当時、ゼラチンを使うのは珍しく、また素材の性質上、扱いが難しく苦労したようです。それでも研究を重ねることで、キャラメルの噛み心地を再現することに成功しました」

 こう言うのは、マーケティング本部の村田あづさ氏。

 さらに画期的だったのは、「フルーツ味」という発想。生地を3層構造にし、センターにストロベリー味をサンドした。当時、高度成長期で高品質のものには「ハイ」で始まる名前が多く、それに「チューイング」を掛け合わせ、「ハイチュウ」とネーミングし、発売。すると、今までにないソフトな食感、珍しいフルーツフレーバーが受け、たちまち大評判となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る