誕生40年 森永「ハイチュウ」の噛み心地生んだゼラチンの弾力

公開日: 更新日:

 キャンディーでもない、キャラメルでもない、「ソフトキャンディー」という画期的な菓子「ハイチュウ」が誕生したのは、今から40年前、日刊ゲンダイ創刊と同年の1975年のこと。100年以上の歴史を持つ看板商品「ミルクキャラメル」で培った技術を生かして何かつくれないか、と試行錯誤した末に生まれたのだという。

「問題になったのは、何で弾力を出すかでした。ミルクキャラメルはミルクを使って弾力をつくってきましたが、新商品はミルク味以外をつくりたかった。そこで注目したのはゼラチンです。当時、ゼラチンを使うのは珍しく、また素材の性質上、扱いが難しく苦労したようです。それでも研究を重ねることで、キャラメルの噛み心地を再現することに成功しました」

 こう言うのは、マーケティング本部の村田あづさ氏。

 さらに画期的だったのは、「フルーツ味」という発想。生地を3層構造にし、センターにストロベリー味をサンドした。当時、高度成長期で高品質のものには「ハイ」で始まる名前が多く、それに「チューイング」を掛け合わせ、「ハイチュウ」とネーミングし、発売。すると、今までにないソフトな食感、珍しいフルーツフレーバーが受け、たちまち大評判となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

もっと見る