誕生40年 森永「ハイチュウ」の噛み心地生んだゼラチンの弾力

公開日: 更新日:

 キャンディーでもない、キャラメルでもない、「ソフトキャンディー」という画期的な菓子「ハイチュウ」が誕生したのは、今から40年前、日刊ゲンダイ創刊と同年の1975年のこと。100年以上の歴史を持つ看板商品「ミルクキャラメル」で培った技術を生かして何かつくれないか、と試行錯誤した末に生まれたのだという。

「問題になったのは、何で弾力を出すかでした。ミルクキャラメルはミルクを使って弾力をつくってきましたが、新商品はミルク味以外をつくりたかった。そこで注目したのはゼラチンです。当時、ゼラチンを使うのは珍しく、また素材の性質上、扱いが難しく苦労したようです。それでも研究を重ねることで、キャラメルの噛み心地を再現することに成功しました」

 こう言うのは、マーケティング本部の村田あづさ氏。

 さらに画期的だったのは、「フルーツ味」という発想。生地を3層構造にし、センターにストロベリー味をサンドした。当時、高度成長期で高品質のものには「ハイ」で始まる名前が多く、それに「チューイング」を掛け合わせ、「ハイチュウ」とネーミングし、発売。すると、今までにないソフトな食感、珍しいフルーツフレーバーが受け、たちまち大評判となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

  2. 2
    大谷翔平リーグ首位15敬遠の深層…「日本人ホームラン王」を望まないアメリカ人と中南米選手の本音

    大谷翔平リーグ首位15敬遠の深層…「日本人ホームラン王」を望まないアメリカ人と中南米選手の本音

  3. 3
    “ロン毛”で目撃された小室圭さんは超VIP帰国 結婚延期から3年半…眞子さまとの記者会見で何を語る

    “ロン毛”で目撃された小室圭さんは超VIP帰国 結婚延期から3年半…眞子さまとの記者会見で何を語る

  4. 4
    飯野矢住代誕生秘話<15>金子ノブアキ、KenKenの異母兄は生きていたら52歳に

    飯野矢住代誕生秘話<15>金子ノブアキ、KenKenの異母兄は生きていたら52歳に

  5. 5
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

もっと見る

  1. 6
    河野太郎氏が総裁選“急ブレーキ”の墓穴と誤算…ネットでバッシング激化し、討論会では集中砲火

    河野太郎氏が総裁選“急ブレーキ”の墓穴と誤算…ネットでバッシング激化し、討論会では集中砲火

  2. 7
    眞子さまが小室圭さんとの結婚を諦めなかった「2つの理由」…耐えて耐えて初志貫徹の執念

    眞子さまが小室圭さんとの結婚を諦めなかった「2つの理由」…耐えて耐えて初志貫徹の執念

  3. 8
    「飲みィのやりィの…」離婚の高市大臣“肉食自伝”の衝撃

    「飲みィのやりィの…」離婚の高市大臣“肉食自伝”の衝撃

  4. 9
    “ロン毛ポニテ”小室圭さんの脂ギッシュな帰国報道 普通の芸能ニュースでは太刀打ちできない

    “ロン毛ポニテ”小室圭さんの脂ギッシュな帰国報道 普通の芸能ニュースでは太刀打ちできない

  5. 10
    二階派が高市氏「全面支持」の仰天情報! “2位・3位連合潰し”で岸田総理誕生を絶対阻止

    二階派が高市氏「全面支持」の仰天情報! “2位・3位連合潰し”で岸田総理誕生を絶対阻止