いまや300種類に コクヨ「キャンパスノート」は発売40年

公開日:  更新日:

 戦後復興から続く高度経済成長で、お茶の間にはテレビ、冷蔵庫、洗濯機の三種の神器が普及。庶民の生活が潤いはじめ、子供の教育にカネをかける余裕ができてきた。高校進学率が初めて90%を超えたのが1974年。その翌年、産声を上げたのが、大学ノートの定番コクヨの「キャンパスノート」シリーズだ。

 ステーショナリー事業を手掛けるコクヨS&Tによると、10人に9人は一度は使ったことがあり、毎年1億冊を売り上げるヒット商品で、累計販売数は約27億冊。すべて平積みすると、1冊40枚、厚さ4ミリのノートが、1万800キロの高さに。東京―ニューヨーク間とほぼ同じ距離だ。国民的人気商品の地位を確立するまでの道のりは、決して平坦ではない。

 クリエイティブプロダクツ事業部ペーパーステーショナリーVU商品企画グループの絵馬多美子氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る