いまや300種類に コクヨ「キャンパスノート」は発売40年

公開日:  更新日:

 戦後復興から続く高度経済成長で、お茶の間にはテレビ、冷蔵庫、洗濯機の三種の神器が普及。庶民の生活が潤いはじめ、子供の教育にカネをかける余裕ができてきた。高校進学率が初めて90%を超えたのが1974年。その翌年、産声を上げたのが、大学ノートの定番コクヨの「キャンパスノート」シリーズだ。

 ステーショナリー事業を手掛けるコクヨS&Tによると、10人に9人は一度は使ったことがあり、毎年1億冊を売り上げるヒット商品で、累計販売数は約27億冊。すべて平積みすると、1冊40枚、厚さ4ミリのノートが、1万800キロの高さに。東京―ニューヨーク間とほぼ同じ距離だ。国民的人気商品の地位を確立するまでの道のりは、決して平坦ではない。

 クリエイティブプロダクツ事業部ペーパーステーショナリーVU商品企画グループの絵馬多美子氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る