日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「スノーデン証言本」で暴露 日本でもスパイ暗躍していた

スクープの内幕

 世界中が注目している「暴露 スノーデンが私に託したファイル」が14日新潮社から発売される。

 著者は米国家安全保障局(NSA)の情報監視の実態をスクープした英紙ガーディアン元記者のグレン・グリーンウォルド氏(46)。

 CIA元職員エドワード・スノーデン(30)から受け取った膨大な機密資料を基に、スノーデンとの出会いから、取材のやりとりなどスクープの内幕が克明に書かれていて、思わずグイグイ引き込まれてしまう内容となっている。目を見張るのは、これまで明らかにされてこなかった日本への諜報活動の詳述だ。

■日本でもPCをウイルス感染

 例えば、NSAからカネを受け取り、スパイ活動に協力している人物が日本に存在するという現実だ。NSAの内部文書「海外協力国総括」には、NSAが資金援助している国として、カナダ、イスラエル、台湾、タイなど、いくつもの国が挙げられていて、資金提供先の国名とその金額が棒グラフで示されている。この中に日本が入っていることがはっきりと確認できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事