猫の蓄膿症こと「副鼻腔炎」治療法は? 点鼻薬とともに“こより作戦”が重要

公開日: 更新日:

 子猫が猫カゼ(猫ウイルス性鼻気管炎=FVR=か猫カリシウイルス感染症=FCV)にかかると、ぐったりしたり、目ヤニや鼻水がひどくなったりして受診されることがあります。

 猫カゼの治療にはインターキャットがとても効果的ですが、飼い主さんの自己判断で再診をしないと、二次的な細菌感染を起こし、副鼻腔炎になることが少なくありません。

 その細菌が副鼻腔に停滞すると、慢性副鼻腔炎になるネコちゃんもよくいます。そう、蓄膿症です。ヒトも黄色っぽい鼻水や鼻づまり、鼻声に悩まされることがあり、ヒトでも猫でもありふれた病気です。

 猫の場合、若ければ治療は物理的に細菌や膿を除去します。麻酔してこめかみの辺りにドリルで穴を開け、管を通して丁寧に洗浄を繰り返すのです。毎日、あるいは1日おきくらいで7~10日程度。きちんと繰り返せば、感染部位はキレイになり、細菌も膿もなくなり、穴も自然にふさがります。

 ただ、この治療法を飼い主さんに説明すると、かわいそうと言われることがほとんど。あまり行わなくなりました。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方