本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

堀江しのぶがスキルス性胃がんと判明 余命2か月の宣告に…

公開日: 更新日:

 野田義治が白衣の医師に呼ばれた。

 レントゲン写真を前にして医師が言葉を発した。

「実は……スキルス性胃がんです。残念ながら、もってあと2カ月でしょう」

 31年後。

 このときの衝撃を野田が回想する。

「ほんとにね、頭って真っ白になるんですね。何も考えられないっていうのか。どうして、どうしてうちの子なんだ。“ご両親を呼んでくれ”と言われたんだけど、どんな顔して会ったらいいのか。もうイヤでした。名古屋から東京の病院に呼ぶまでに4時間くらいかかったのかな」

 スキルス性とはがんのなかでも最もたちの悪いもので、粘膜層の下に広がっていくがんである。スキルスの語源はギリシャ語のskirrhos(硬い腫瘍)からきている。粘膜の下で増殖するために発見が遅れ、しかも増殖スピードが速いために、致死率も高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  4. 4

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  5. 5

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  6. 6

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  7. 7

    北園丈琉は練習が嫌で体操教室をボイコット!【「銀」体操男子 若き4人の素顔#2】

  8. 8

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  9. 9

    橋本大輝の体操選手らしからぬ“癖” 思わず他校のことまで…【「銀」体操男子 若き4人の素顔#1】

  10. 10

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

もっと見る