本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

堀江しのぶがスキルス性胃がんと判明 余命2か月の宣告に…

公開日: 更新日:

 野田義治が白衣の医師に呼ばれた。

 レントゲン写真を前にして医師が言葉を発した。

「実は……スキルス性胃がんです。残念ながら、もってあと2カ月でしょう」

 31年後。

 このときの衝撃を野田が回想する。

「ほんとにね、頭って真っ白になるんですね。何も考えられないっていうのか。どうして、どうしてうちの子なんだ。“ご両親を呼んでくれ”と言われたんだけど、どんな顔して会ったらいいのか。もうイヤでした。名古屋から東京の病院に呼ぶまでに4時間くらいかかったのかな」

 スキルス性とはがんのなかでも最もたちの悪いもので、粘膜層の下に広がっていくがんである。スキルスの語源はギリシャ語のskirrhos(硬い腫瘍)からきている。粘膜の下で増殖するために発見が遅れ、しかも増殖スピードが速いために、致死率も高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  3. 3

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  8. 8

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  9. 9

    芸能事務所に忖度するテレビ局は考え直す時期にきている

  10. 10

    テスト大会で浮き彫り…東京五輪「立候補ファイル」の大嘘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る