独仏首脳は盗聴に激怒、安倍首相だけが嘘つき米国と心中する

公開日:  更新日:

 これでオバマ大統領と米国は完全にアウトだ。国家安全保障局(NSA)がドイツのメルケル首相の携帯電話を盗聴していた疑惑は底なしで、ドイツの米大使館に“スパイ部署”を設置し、メルケルだけでなく独政府中枢の通信を傍受していたことが発覚した。

 先週、オバマは「何も知らなかった。知っていたら即座にやめさせた」とメルケルに謝罪。ところが直後の27日、ドイツ大衆紙ビルトが「大統領は盗聴をやめさせず、むしろ続けさせた」とスッパ抜いたことで、“嘘つきオバマ”が世界の共通認識になった。

 NSAはドイツ以外に、フランス、イタリア、ギリシャ、日本、韓国など世界80カ所で長年にわたり盗聴活動を行い、同盟国の有力政治家の会話に聞き耳を立ててきた。

 元外交官の天木直人氏はこう言う。
「米国の信用は地に落ちました。諜報活動を必要悪と考える外交・安保関係者が一部にいますが、世界の善良な一般市民は米国の盗聴行為を“国家ぐるみの犯罪”としか思っていません。同盟国を監視する犯罪国家を国際社会は信用しないし、オバマ大統領に心を許す海外の政治家は、もういないと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

もっと見る