大谷は“泣き寝入り”必至…元通訳・水原一平被告に盗まれた26億円は回収不能

公開日: 更新日:

 大谷翔平(29)の元通訳・水原一平被告(39)の悪行がさらに明らかになった。

 米連邦検察は日本時間9日、同被告が銀行詐欺罪などの罪状に関して司法取引に応じたため、起訴したと発表。同検察によると、水原被告は違法スポーツ賭博の借金返済のために約1700万ドル(約26億4000万円)を大谷の銀行口座から盗んだだけでなく、大谷から歯の治療費として受け取った6万ドル(約930万円)の小切手を現金化して自らの口座に移し替えたうえ、実際の治療費を大谷のデビットカードで支払っていたという。

 加えて、2022年にはウソの納税報告書を提出していたことも明らかに。水原被告は結婚しているにもかかわらず独身と申告して多くの控除を得た上に、追加収入の410万ドル(約6億4000万円)を申告しなかったという。これにより水原被告は、115万ドル(約1億8000万円)を追徴課税される見通しだ。

 26億円を盗んだばかりか、歯の治療代までせしめる悪行が明らかになった水原被告。30億円近い借金を抱えての刑務所送りは自業自得というしかないが、問題は大谷にどうやって26億円もの大金を返すのか、だ。

 ニューヨーク州などの弁護士資格を持つ狛グローカル法律事務所の山中眞人弁護士は、「水原被告の刑期は10年は超えると想像しますが、大谷選手は同被告からお金を取り返せないのではないか」と、こう続ける。

「大谷選手が同被告から返済してもらうためには、民事裁判を起こすしかありません。同被告が自己破産をしたとしても、犯罪に関わるうえにギャンブルによる負債はおそらく免責にはならない。大谷選手に返済する必要はありますが、大谷選手が裁判に勝ったとしても、同被告が賭博等で盗んだお金を使い切っていたら、裁判所も財産を押さえようがない。大谷選手は裁判には勝っても借金を回収できない中ぶらりんな状態になることが予想されます。弁護士の立場としては、何も取れないなら何もしない、という判断になると思います。同被告が道義的に補償するといっても、奥さんが菓子折りを持っていくことくらいしかないかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  4. 4
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 7
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

  3. 8
    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

  4. 9
    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

  5. 10
    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず

    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず