• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

永岡厚労副大臣 GW視察でプーケット“バカンス”のお気楽

 今年の連休中、安倍内閣は18閣僚中13大臣が海外に出かけ、安倍首相の訪米だけで、1億円以上がかかった。閣僚外遊の総費用は推定7億円とされ、お気楽内閣の正体がよくわかるが、副大臣も負けていなかった。

 永岡桂子厚生労働副大臣が5月2日から5日までタイのプーケットに行っていたことがわかった。さすがに公務じゃなくて、政治経済事情視察というが、バカンスのビーチ、プーケットで視察も何もないだろう。

 で、民主党の西村智奈美衆院議員が昨日の国会で取り上げ、一体、現地で誰と何をしていたのかを追及したら、永岡副大臣はこう答えた。

「現地の観光事業関係者と農業事業関係者と意見交換をしていました」

 さらに西村議員が突っ込むと「委員会で答える必要はないと思います」ときた。西村議員が改めて言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る