• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

永岡厚労副大臣 GW視察でプーケット“バカンス”のお気楽

 今年の連休中、安倍内閣は18閣僚中13大臣が海外に出かけ、安倍首相の訪米だけで、1億円以上がかかった。閣僚外遊の総費用は推定7億円とされ、お気楽内閣の正体がよくわかるが、副大臣も負けていなかった。

 永岡桂子厚生労働副大臣が5月2日から5日までタイのプーケットに行っていたことがわかった。さすがに公務じゃなくて、政治経済事情視察というが、バカンスのビーチ、プーケットで視察も何もないだろう。

 で、民主党の西村智奈美衆院議員が昨日の国会で取り上げ、一体、現地で誰と何をしていたのかを追及したら、永岡副大臣はこう答えた。

「現地の観光事業関係者と農業事業関係者と意見交換をしていました」

 さらに西村議員が突っ込むと「委員会で答える必要はないと思います」ときた。西村議員が改めて言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  8. 8

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る