巨人の得点圏打率.186は12球団最低…チャンスに滅法弱く、立場が危うくなった打者3人の名前

公開日: 更新日:

 22日現在、3位の巨人がチャンスで打てない。

 チーム打率.239はリーグ3位だが、得点圏になると、12球団ワーストの.186に落ち込む。

 打率.321の岡本和真(27)は得点圏も.412と勝負強いが、問題は4番打者以外だ。

 打率.259の丸佳浩(35)は.182、.239の坂本勇人(35)に至っては.056と壊滅的。.214の吉川尚輝(29)も.136。主力がこれだけチャンスに弱いのだから、チーム総得点が50でリーグ最低なのもうなずける。

 20日の広島戦は今季最多の12安打を放ったものの、12残塁で2得点に終わり、敗れた試合が象徴的。ここまでの総残塁数が165とダントツに多いのも好機で打てないことの証左だ。

 さるチーム関係者がこう言った。

「坂本の得点圏.056と丸の.182は『衰え』という見方が大半。しかし、吉川はこの2人のベテランとは立場が違います。29歳で今が旬の時期のはずなのに、打撃に関しては開幕からずっと精彩を欠いたまま。昨季は主に1番を任されていたものの、今季は8番が定位置。21日の広島戦は『打てない』と揶揄される捕手の小林が7番で、吉川はその後。打順が変われば、担う役割も変わる。そのあたりに戸惑いがあるのかもしれません。それを差し引いて、いくら二塁の守備力が高く、内野の要という立場といえども、いつまでたっても打てない上に、好機で凡退し続けるようなら、『若手を使った方がいい』という声も出てきます」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  2. 2
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  3. 3
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

  1. 6
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

  3. 8
    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

  4. 9
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  5. 10
    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!

    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!