宮崎紘一
著者のコラム一覧
宮崎紘一ゴルフジャーナリスト

国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

公開日: 更新日:

 今季の国内男子ツアーは、昨年より3試合少ない23試合と激減。1試合減で37試合の女子ツアー上位の様相は今年も変わらない。

 その男子ツアーは今、崖っぷちに立たされている。シーズン全23試合というのは1973年のツアー制度施行後最少。驚いたのは、スポンサーはかわれど71年から半世紀を超える歴史の「マイナビABC選手権」が開催中止になったことだ。同大会は当初、日米対抗試合(個人・団体戦)として産声を上げ、尾崎将司、杉原輝雄、青木功、中嶋常幸らが米ツアーの大物プロらと渡り合い優勝した華やかな大会だった。88年からは試合形式は変わったものの高額賞金で人気も高く、97年の最終日に3万3187人ものギャラリーを集めたこともある。いわば、日本プロゴルフ界発展の一翼を担った大会だった。中止の理由は定かではないものの、スポンサーにとって大会開催のメリットが低下したということらしい。

 日本の男子ツアーは近年、グローバル化の波に乗り遅れ、世界基準となる「世界ランキング」のポイントが下落した。そのため有望な若手らは海外進出にシフトしている。昨年は欧州ツアーで戦っていた久常涼は、今年から米ツアーに「昇格」。星野陸也金谷拓実に加え、昨季賞金王の中島啓太も今季は欧州ツアーで世界ランクのアップを狙う。先週行われたアジアンツアー最終予選会では5人が出場権を得た。国内の試合数がさらに減れば、この流れは加速するばかりだろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 2
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  3. 3
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  4. 4
    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  2. 7
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  3. 8
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9
    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

  5. 10
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった