山下智久「ブルーモーメント」の既視感は計算ずく? “何をやっても山P”ブランド戦略の吉凶

公開日: 更新日:

 山下智久(39)が主演を務める、フジテレビ系水10ドラマ「ブルーモーメント」の第1話が、24日に放送された。平均視聴率は世帯8.6%、個人4.8%(関東地区=ビデオリサーチ調べ)と、まずまずの好発進。22年4月に水10ドラマが復活して以降、歴代トップを記録し、「さすが山P」と評価を上げている。

 本作は、小沢かな氏の漫画「BLUE MOMENT ブルーモーメント」の実写ドラマ化したもの。山下が民放の連続ドラマで主演を務めるのは19年4月期の「インハンド」(TBS系)以来5年ぶり。フジテレビのドラマでは、劇場版も制作されるほどのヒット作となった「コード・ブルー」以来7年ぶりとなる。一方で視聴者からは《コードブルーとTOKYO MERを足したみたい》と、肝心のストーリーや演出には既視感を覚える要素が多いといった声が出ている。

■音楽制作もコード・ブルーを手がけた佐藤直紀氏

「過去に何かを抱え、無愛想だが真摯に仕事と向き合うという特徴や、救急ヘリに乗って救助に向かうというキャラクターやストーリーの要所だけ見ると、確かに山下さんがコード・ブルーで演じた、藍沢先生のようだという感想が目立ちます。今作の音楽制作もコード・ブルーの音楽を手がけた佐藤直紀氏ですし、フジの看板作品であるコード・ブルーをあえて意識させ、コード・ブルーファンにも見てもらいたいという思惑もあるのかもしれません」(ドラマ制作関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方